人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

美しく着飾った人たちの場がより女性を美しくする






女性はみんな美しい



styleのモデル「マユちゃん」

の結婚式に先日参加しました♪



いつも陽気で明るい「マユちゃん」

弱気なところを見たことないくらい

ポジティブで明るい女性。

そして、旦那様も見事なくらい陽気。









そんな、陽気な2人の演出に、

感動するとともに、

そんな陽気な2人に集まる仲間たちも

陽気でとっても楽しかったです。



仲間の新しい人生の出発に、

涙しながら、スタッフのみんな、そしてその家族が、

より幸せになれるように、頑張ろうと、

気持ちが引き締まりました。









そして、改めて結婚式に参加させて

思ったことが、女性のドレスアップ姿が

本当に本当に美しいなと感じたことです。




美しく着飾った人たちの場が

より女性を美しくする





そう思えるくらい。

参加されているみんなが

本当に輝いていました。

それぞれのドレスアップした

姿が目に焼き付きました。









結婚式の日は当たり前でしょう。

と言われるかもしれませんが。

すべての女性が美しく着飾ると

その場にさらにオーラが出て

さらに美しくなるのでしょうか。

不思議な魅力と空気に

少し酔いしれた1日でした。














改めて、

マユちゃん末永く

お幸せに♪



久本

芦屋散策で見つけたお茶をお裾分けします。

 

 

 

 




 

芦屋散策で見つけたお茶を

お裾分けします。


>>前回の話はこちらより



前回、ご紹介させていただいた

芦屋散策のお話しの続きを

させていただければと思います。



出会った店主さんと

一緒にいろんなお話しをしました。

まさかまさかの展開ではありますが

意気投合をして、今度ホームパーティも

しましょう♪とまでいってくださいました♪








そんな気さくでオープンな

芦屋のパヴェアルチザンさんから

お茶屋お菓子のお話しを

たくさん聞かせていただきました。

お茶にすごく関心のある私たち。

そして、貴子さんも興味深々に

聞かせていただきました。




そのときの様子はこちらより

すごく詳しい話まで聞かせていただきました。






>>動画はこちらより





一目で『可愛い♪♪』と思わせてくれる

外観はもちろん、店内に入り

選び抜かれたお茶やお菓子達を見た

瞬間ワクワク♪♪

カラフルなティーマカロン。

米粉を使ったマドレーヌやサブレ。







1口サイズが嬉しいパヴェガトーなど…

可愛くてグルテンフリーなのが嬉しい

お菓子達‼どれをお茶のお供にしようか

とっても迷ってしまうなお店なんです。







砂糖不使用のドライフルーツなどもあります。

自然な甘みが優しいお味。

『例えばゆずのドライフルーツは

キャラメル風味の紅茶に

意外と合うんですよ』とお店の方。

ゆずとキャラメルなんて思ってもなかった

組み合わせで、新しい発見。









元々パヴェアルチザンさんは

お茶に合うお菓子を作られていたそうで、

お菓子に合うお茶をセレクトし、

一緒に販売するようになったそう。

お店の人気は世界中で人気な

THEODOR(テオドー)の紅茶。



(テオドー)

26歳でTHEODORを創業した

ギョーム・ルール氏は

「お茶を楽しむ一番の方法は、

お茶を愛すること」の考えを実践し、

最高の農園を求めて世界中を

旅しているティーブレンダー。




そんなTHEODORの人気の

メランジュジョアドヴィーヴルを使った

ティーソーダを試飲させて下さいました。

紅茶を炭酸水で割った甘酸っぱい

ティーソーダを貴子さんも『美味しい‼』と

気に入った様子。








紅茶だけでなく、日本茶もお取扱いがあります。

京都宇治茶NISHIKIENの

「清の葉衣」というお茶を頂きました。

透き通った透明に近い緑のお茶。

しかし決して味は薄いわけではなく、

香りが鼻にふわっと広がる上品なお味。







出した茶葉はかき揚げにしたりと、

最後まで残すことなく美味しく

頂けますとお店の方。

「ほおるもん」を出さない日本人の

お茶の楽しみ方も教えて頂きました。

そんな人気のお茶達を

試飲させてもらいながら、

お店の方もいきいきと楽しそうに

説明して下さりお話が弾みました。








宝石のパヴェ。

職人(アルチザン)

1人1人が宝石のように

輝いてる。

パヴェアルチザンの

名前の由来が

コンセプトそのもの。



1人1人の職人が作った輝く商品が

並ぶパヴェアルチザンはその名前の通り、

1つ1つの宝石が集まりさらに輝く

パヴェリングのようなお店。

1人1人が輝く未来を想像できるような、

そんな素敵なお店でした。









そんなパヴェリングさん。

お店でお買い物をさせていただいたんですが

せっかく、来てくれたんだから

これも、あれも、ぜひ持って帰って

いって、お土産をいただきました。



せっかくいただいたお土産、

このメルマガを見てくださっている

皆様にもお裾分けさせていただければと

思っております。



お茶をお裾分け

させていただきます。





お菓子は賞味期限があるので

今回はいただいた紅茶&緑茶を

以下の質問に答えていただいた

皆様の中から、独断と偏見で

選ばせていただいた5名様に

お裾分けさせていただきます。



(今回の質問はこちら)




「あなたなら

このお茶を

誰と飲みますか?」






お茶を飲む時間をぜひ

楽しんでいただければと思います。



(応募方法はこちら)


このメルマガに上記の質問の答えを

ニックネーム付きで直接ご返信ください。

返信期限は、9月20日までと

させていただきます。

いただいた投稿は匿名にて公開

させていただきますことご了承ください。





------------------------------------------------




Pave artisaN  (パヴェアルチザン芦屋)



芦屋、神戸を中心に活動している人気パティシエとコラボした

こだわりのスイーツを百貨店を中心に展開している洋菓子ショップ

兵庫県芦屋市茶屋之町4-13-101

0797-62-9410




(イベント予定日)


9月20日~26日

大丸神戸店1階 中央イベントスペース

インスタグラム映えイベント

『#BFF(ハッシュタグビーエフエフ)』

内でフラワーアレンジメントやコスメと一緒に

パヴェアルチザンのお菓子が並びます‼



11月29日~

阪急梅田店

テオドー ティーラバーズバー&

パヴェアルチザンのお店が出る予定




----------------------------------------------










貴子さんとの芦屋散策。

また楽しんでみたいと思います。

50代。60代。人生で一番楽しいとき。

皆様の人生がよりよいものに

なりますように♪




>>「芦屋散策と小さな秋」

写真集はこちら


 

 

「 みんなで助け合える街をつくろう 」 3つ目のコミュニティスペースopen






みんなで助け合える街をつくろう



株式会社ワンピースでは

幸せな社会をつくるべく

運営拠点である加古川という街で

地域で幸せに暮らせる「街づくり」活動を

すすめております。

これも、皆様のcawaiiへの応援のおかげだと

思っております。本当に有難うございます。







幸せの街の

かたちを目指して





今日は、3か所目のコミュニティスペース

ヒカレ (hikare)

がオープンしたということをご紹介

できればと思っております。



地域の人たちで助け合いができる街を

ということをコンセプトで、多世代の人たちや

商店の人たちとのつながりを創り出し

いろんな共創を生み出していければ

いいなという想いでスタートさせました。

そして、街づくりのひとつのモデルが

できれば、日本各地のいろんな街に

そのやりかた。ありかたをご紹介

できればいいなと思っております。



先日オープンにンぐイベントがあったので

そのときの様子をお届けさせていただきます。

街のいろんなかた総勢100人のかたに

来ていただきました。



子供たちも。

家族も。

おじいさん。おばあさんも

商店の人たちも

混ざりあい、いろんな強みを

いかし、助け合える街になるように。





































また、素敵な活動が生まれたら

皆様にもご紹介できればと思っております。




久本




em 「芦屋散策と小さな秋」 写真集






french モデルのミポリン

フルタイムで働きます♪




先日、モデルのミポリンと

スタイリストのマミさんと

私、久本で一緒に、芦屋のとあるカフェで

ミポリンの今後についておしゃべりを

しておりました。(笑)

モデルのミポリン。

実は2歳の息子さんがいるのですが

これまでは、子供を一時的に預けて

モデルをするだけだったのですが、

このたび、フルタイムで働くこととなり

モデルだけではなく、frenchやemの

企画や撮影などよりいっそう

一緒になって進めていくこととなりましたので

今後とも、ミポリンを

どうぞよろしくお願いいたします♪




とまあ、それはさておき、

そのおしゃべりが終わった帰り道、

たまたまアマレーナや

パティスリープランなどが並ぶオシャレな通り

を歩いていると、前まで見なかった素敵でオシャレな

お店が新しくできているのに気づきました。









店内に入ってみると素敵な

お茶やお菓子が並んでいて…

わあ!!なんて可愛いんだろうと

みんなで見ていました。

お店のスタッフさんもすっごくすっごく気さくで

いろんなお菓子やお茶を試飲してくださいと

ご紹介してくれました。














Pave artisaN(パヴェアルチザン芦屋)




とっても気さくで、心地いい接客に

心惹かれたのもあり、

ぜひここで撮影をさせていただけ

ませんか?とお伝えしたところ

「ぜひぜひ使って♪」と

こんなにオープンなかたが

いらっしゃるのかというくらい

快く引き受けていただきました。









そして、後日、emモデルの貴子さんと

一緒にお店に伺い、

Pave artisaN(パヴェアルチザン芦屋)さんへ

みんなで遊びにいかせてもらいました。

貴子さんも、自分でお茶の道具を

撮影のスタジオまでもってくるくらい

お茶好きということもあり

お店のかたと意気投合し、

まさかまさかの、お茶教室まで

始まっちゃう時間になりました。













貴子さんはお茶のリーフの香りを楽しみ

『これにはこんなお菓子が合うんじゃない?』

『フルーツの香りがする‼』と

もうお喋りが止まりません。笑












『可愛いお店で。今日はほんとに

来れて良かった~!!』と

何度も何度も言っておりました。笑

面白いこと。楽しいこと。

素敵なことに目がない貴子さん。

2度とない今を楽しむ姿勢に

本当に感服します。









私たちもお茶菓子をいただいたのですが

芦屋のパティシエさんたちと

コラボレーションして生まれた

見た目も素敵で美味しいお菓子の数々に

本当にうっとりしちゃいました。










Pave artisaN(パヴェアルチザン芦屋)




そうそう、すっかり忘れておりました。

そんなお茶目な貴子さんと

秋物の撮影もさせていただきました。

そのとき撮影させていただいた

写真も紹介させていただきます。




























>>「芦屋散策と小さな秋」

写真集はこちら



過疎地の街は、幸せのレベルが高い街。






過疎地の街は、

幸せのレベルが高い街。




あるかたの紹介で、群馬県下仁田町まで行き、

その副市長さんと、地域創生課の

クロサワさんとお話しました。









7000人の街で、若い人たちが減っている。

移住を促進したり、街らしさを、

つくりたいというお話でした。







私たちに何ができるか、

まだまだ分からないですが、

外にいる私から見たら、








「みんな知り合い」



という言葉がぴったりなくらい、

コミュニティがあるではないですか。笑。

歩けば知り合いと出会う。

学校にいるみたい。








でも、この現象が起きるのは、

このくらいの規模の街だからこそ、だと思うんです。

人数が少ないからこそ、

人と人の線が濃くなっていく。



私たちの会社のある加古川は35万人。

35万人では、これは起こらない。

ましてや東京では無理。



私たちの会社は230人くらいおり、

会社内のコミュニティ活動を促進しましたが、

1年半で知り合いだらけになる現象は起こせました。









すごく居心地がいいんです



それが、すごく居心地がいいんですね。

おバカをいいあってあいさつし合ったり、

メンバー同士やりたいことがあれば、

やりたいメンバーを集めれたり、

プロジェクトが始まりやすかったり♪



私からすれば、

下仁田町は理想の街の原型に見えました。

もちろん、人と人が知り合えば、

いろいろ人間関係の問題もありますが、

それも含めて幸せな生き方なのではないでしょうか。









新しい産業や

商いを生み出すこと




笑える仲間が家の近くにいる、

子供を見会える人たちがいる、

歩けば誰かと井戸端会議も始まる。



このつながりのある暮らしは、

とっても貴重な街らしさであり、

価値であると思いました。



この数十年で築かれた価値。

それを大切にしながら、

新しい産業や商いを生み出すことが

大事だなと思いました。








人が面白いこと。

大自然が近くにあること。

東京から近いこと。

町の役所のかたがたとすんごく距離が近いこと。

山がヘンテコで芸術的なこと。

明治からの建物があること。



そんな価値を一緒につなげていきたい

仲間募集って感じでしょうか。笑。

日本中のひとたちと共感者をつくれる通販や

インターネットにすごく可能性がある

気がしております。








もしご興味あれば、メッセージください。

おそらく、来年の3月くらいから

スタートすると思います。

一緒に下仁田町に遊びにいきましょう。

そして、価値創造な商いをしましょう。




久本

ファッションパーティを楽しもう。






ファッションパーティを楽しもう。




先日、otonaプレパーティを

新しくできたotona事務所で

開催させていただきました。








みんなotonaの服を着て

食べ物を持ち寄って

パーティに参加するというのが

今回のルール♪








みんなの普段と違う

雰囲気を楽しむ



cawaiiのスタッフも参加

していたのですが、

みんな普段とはまた一段と

違う雰囲気に

うっとりしちゃいました。








ファッション×パーティ

を楽しむということ。



私も最近、自宅で

ホームパーティを楽しむように

なったのですが

みんなでオシャレして

素敵な料理に囲まれながら

愉しむオシャベリ時間は

格別なものです。








ドレスコードを決めて

みんなでオシャレな時間を

愉しむ楽しみかたを、

もっともっと世の中に

広げていけたらな、

なんて思います。













普段の笑顔が、この瞬間は

また一段と輝いて見えます。



そして、写真を撮っていて思うのは

この人の輪が醸し出す空気感。

みんなのファッションがシンクロして

映し出す不思議と美しい空気感。

この非日常な空気感は

たまりません。

本当にみんな美しいなと思います。



世の中の女性がもっともっと

輝いていきますように♪

















ファッションパーティを

ぜひ皆さまも楽しんでほしいなと

思うと同時に、otonaでも

cawaiiでも開催予定ですので

ぜひご参加いただければと思います。



子供たちを可愛がっていただき本当にありがとうございます。






子供たちを可愛がって

いただき本当にありがとうございます。




今年の春と夏も

たくさんの新作や再販を

販売させていただきました。

たくさんの子供たちを

皆様のお手元で可愛がっていただき

本当に嬉しく思います。









その可愛がっていただく最中にも

いろんな出来事があったのではと思うのですが

私たちも、この春夏。子供たちと過ごす中で

いろんなことがありました。

みんなで新しい取り組みをスタートしたり。

コミュニティや幸せな地域社会づくりをしたり。

新しいメンバーが増え、お祝いをしたり。

新しいプロジェクトがオープンしたり。









ご紹介しきれてないのが申し訳ないくらい。

プライベートも仕事も、

毎日がドラマのように駆け巡る春夏でした。



そして、その毎日にいろんなオシャレがありました。

私も楽しみましたが、よく接している

スタッフたちも、その日々にはオシャレがあり

そこには、かけがえのない

幸せな毎日があったように思います。

皆様はどんな春夏をすごされましたでしょうか?

記憶に残るような出来事は

いくつぐらいありましたでしょうか?








そして、そんな我が子たちとの

春夏も、終わりを告げようとしている

この秋の始まり。

また、新しい秋冬の子たちとの出会いを

お楽しみいただければと思います。


未来型のチームづくり 幸せなネットワーク型組織を目指して





 

聞く。待つ。多様性を大事にする。

 



先日、社内で開催しているのですが

チームビルディング&ファシリテーション研修

というものを開催させていただきました。

なにかを創り出そうとするときに

チームというものが発生するのですが

そのときに、どれだけ幸せなチームが

創り出されるかがかなり重要になってきます。






未来型のチームづくり

 

幸せなネットワーク型組織を目指して



全6回で、チームの概念を理解し

ファシリテーターになれるような人を

育てるという目標でやっているのですが

今日は、ファシリテーション体験と

自分の弱み自己紹介というものを

やってみました。









私は家族もチームビルディング

夫婦もチームビルディング

子育てもチームビルディング

地域社会もチームビルディング

仕事もチームビルディング

人と人が、関わりあうところに

チームありだなと思います。



ぜひ皆さまもご興味ありましたら

ワンピースのチームづくりメンバーや

私がお話しをさせていただきます。笑

この2年。ワンピースのチームづくりを

ずっと、やってきました。



幸せな会社づくり。

幸せな人づくり。

幸せな社会づくり。

のためにチームは

欠かせないと思う今日この頃。



自分と相手は価値観も違う

自分と相手は考え方もその背景も違う

お互いを尊重しあえてこそ

幸せな関係は生まれると信じております。



久本

メンズが着るcawaiiの世界







メンズが着るcawaiiの世界



今日は、少し面白半分な企画を

お届けさせていただきます。

不愉快な思いをさせてしまいましたら

なにとぞお許しください。



先日、メンズがcawaiiの服を着ると

どうなるかということをやってみたときの

写真がとっても斬新だったので

皆様にお届けさせていただきます。

moriのメンバーによるスタイリング

でございますが、それぞれ

個性のある服装になり

男性陣もとっても盛り上がって

参加してくれました。









ワンピースを支えるメンズ陣なのですが

自分では選ばない服のチョイスで

とっても面白かったと、言ってくれました。

はたして、このままcawaiiの服を着てくれるかは

まだまだ謎ではありますが、

私は、個性ある服が好きなので

女性の服でも自分が着れそうなものであれば

挑戦していきたいと思っております。









ぜひ、周りのメンズでcawaiiの服に

挑戦したそうなかたがいらっしゃれば

ぜひご紹介お願いいたします♪笑

メンズももっとオシャレな個性のある服を

楽しみたいのです。笑



女性の服を販売していながら、

いつも思うのですが、

女性服のバリエーションの数が

本当に羨ましい限りです。



ということで、cawaiiを通じて

ぜひ、いろんな個性ある服に

挑戦してみて、その個性を

楽しんでいただければと思います



さあ、明日はなに着よう♪




久本





(おまけです。。)





>>メンズたちの着こなし感想動画

french 「何にも染まる白」 と 「何にも染まらない黒 」の 世界



>>
漆黒と純白 写真集



french

何にも染まる白と

何にも染まらない黒

の世界









流行りのカラーものだからこそ

黒と白を提案したい。



そんなことを思う、モデルの「ミポリン」と

カメラマンの小出さん。の会話から生まれた

企画を今回はご紹介させていただきます。









あえて

夏に着るモノトーンを



白と黒は、原点の色。

そんな原点の色を

この夏にこそ楽しんでいただきたい。









白は何物にも染まる色。

黒は何物にも染まらない色



赤とか黄色とか青ではなく

白は光のイメージだったり

黒は闇のイメージだったり

そして、白と黒は絶対の色。

そんな絶対の色の魅力を伝えてみたくて。









そんな「遊び心」から

カメラ&モデル遊びを

してみました。




たまに、こんな私たちの遊び心

お許しください♪

そして、そんな遊び心に

お付き合いいただければ嬉しいです。



















frenchが提案する

黒と白の世界









何ものにも

染まらない私。










何ものにも

染まる私。














2人の自分が

共存する。










白と黒の神秘



写真集をお楽しみ

いただければと思います。









>> 漆黒と純白 写真集はこちらより





( お ま け ♪ )




>>モデル「ミポリン」インタビュー


ちなみに、動画の隣の女性は、

カメラマンの小出さんです♪

撮影後。みんなでご飯を食べに行ったときに

インタビューをさせていただきました。

私と2人の会話をお楽しみください。