人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

美しい自然と私 写真集






mom

「美しい自然と私」


>>詳しくはこちちら





>> 肩透けトップス







-------------------




「美しいと思う心」




人間はどうして

自然の美しさに

惹かれるのでしょうか。



美しいものを見て

感動する気持ちに

触れるとき。



私だけではなく

きっと側にいる誰かも

心が動かされている。



美しいものに

感動する力は

きっと誰しもにもあって

きっとそれは、

太古の太古の

はるか昔の祖先から

続くもの。



この美しいと感じる

気持ちを大切に

していきたいと思う。



美しいと思う気持ちに

正直になろう。



美しい自分になろうと思う

気持ちを解放しよう。



-------------------






mom

「美しい自然と私」

写真集







>> 肩透けトップス










>> 水玉トップス





>> 後ろリボントップス




>> ねじりニット





>> 肩透けポワン袖ニット







>>詳しくはこちら

周りの目を気にしないくらいがちょうどいい♪






周りの目を気にしない

くらいがちょうどいい♪





何かをしようと思うとき。

何かを始めようと思うとき。

みなさんは、どんなことを

思考をされますでしょうか。



好きだと思う気持ち。

やりたいと思う気持ちを

素直に表せてますでしょうか。



他人の目を気にする。

周りの評価を気にする。

周りの批判を気にする。



私も一時期。

周りの声に振り回せれて

心が疲れた時期がありました。

たしか、高校生くらいでしたでしょうか。

仲のよかった友人たちと

仲違いをし、2年間同じクラスなのに

ほとんど口をきかなくなり。

仲間だったグループと行動を

共にしなくなり、

孤独を味わいました。



すごく悩んだ末の答えは。

一人で意思決定し、

行動できる人のほうが

強くてかっこいい♪♪

という答えでした。



その瞬間から、

一人で行動すること。

周りと違うことへのコンプレックスから

抜け出すことができました。



それからというもの、

他人との比較ではなく

自分の意思で判断することを

大切に生きております。

だから、cawaiiや

ワンピースを運営しているんでしょうね。



日本人はとくに

周りの目を気にする文化が

根付いているので余計に

そうなりやすいのでしょうが。

周りの目ではなく、自分の心の声を

聴くことを大切に生きてみるのは

どうでしょうか。



きっと自分にもっと優しくなれるし

迷いが晴れると思います。



周りのことなんて

気にしないくらいが

ちょうどいいなと

私は思ったりしています。






久本

「メイクで変わる世界」 cawaii X'masパーティ より






cawaii

X'masパーティ

メイクで変わる世界。





先日のcawaiiクリスマス会の

様子を少しご紹介させていただきます。



有名ブランドのイベントも手掛ける

トップヘアメイクのアーティストさんに

参加していただき、ファッションショーを

一緒にさせていただきました。



雰囲気のあるプロのメイクに

包まれたモデルさんたちに

私たちもうっとり。

幻想的なその世界は

本当に忘れられません。

そのときのメイクや雰囲気を

少しご紹介させていただきます。











































また、クリスマス会の様子は

少づつご紹介させていただきます♪

よりクリスマスを。



久本

全国進出計画中 cawaii TEAパーティ 東京編。




全国進出計画中


TEAパーティから

始まる素敵なつながり。





好が先日、東京で開催された

TEAパーティ。

1年前に、スタッフの言った

お客様のことをもっと知りたい

話をして、cawaiiの進化につなげたい。



そんなことから始まったのですが

たくさんのお客様の声より

始めて東京で開催させていただきました。

総勢25名もの皆様にご参加いただきました。








たくさんのおしゃべりをして

cawaiiの服を試着してみて

コレがカワイイ♪

アレがいい。

似合うわ~♪

と言い合いながら、スタッフもふくめ

みんなで楽しみました。



「好き」なものが共通なだけで

こんなにも話が合うのか♪

と驚くほど、意気投合しちゃう

不思議な会なんです。








また、スタッフとも話をしているのですが

全国津々浦々いろんなところで

開催できればと思っております。

また、集大成として

みんなでファッションパーティが

できたらいいな。なんて言いあっております。



次はどこで開催されるのか。

乞うご期待♪



では、東京TEAパーティの様子を

参加したcawaiiメンバーのメッセージを

添えてご紹介させていただきます。





---------------------









emモデル タカコより



初めて参加する、TEAパーティー企画。

どんな方がお越しくださるのかな、、、

と、当日新幹線の中からワクワクしながら会場へ。



はじまりの13時、

お気に入りのcawaiiのお洋服をみにまとい

自分らしくコーディネートされたお客様が、

とても生き生きした表情でお越し下さいました。




はじめまして!

という言葉より先に、

『この服みました!』

『それ素敵ですね!』と、



ファッションがわたしたちと

お客様の距離を一気に近づけ、

懐かしいお友達にあっているような空気が流れました。



この体験は、日常味わうことのできない

特別な空間で特別な時間なんだな。と体感しました。

今回参加頂きましたお客様は30代~60代の女性。







芦屋のとても人気洋菓子店

ダニエルのカヌレに、

御影の人気チョコ、

モンロワールのリーフチョコを囲み、

TEAパーティーが始まりました。



気づくとそれぞれが

ニックネームで呼び合ったり、

これからのファッションコーディネートや、

ファッションの楽しみ方で大いに盛り上がりました。







その中でも、

とても印象に残っている会話がありました。

それは、

cawaiiのお洋服を着て街を歩いているとき、

同じお洋服を着ている人を見かけたら。

同じ服だ、、、と感じるのではなく、



この人もcawaiiのお洋服のファンなんだ!

この服のここが好きなんだろうな!

わたしと同じね!

cawaiiのお洋服って素敵だよね!

って心の中で嬉しくて会話が始まってしまう。

という話しがありました。









いつもは、画面の奥の世界と、

画面の手前の世界。

その中でしか繫がりのないわたしたちが、

こうやって、お洋服を通じて、

cawaiiというブランドを通じてお互いが、

お互いを知り、繋がる経験は

この上ない至福の時間となりました。




最後にサプライズで、

いつもは画面上でしか見れない

商品の数々を手に取ってもらう時間を

プレゼントさせていただきました。

そして、気になるお洋服を着てもらい

モデルの体験を行っていただきました。








時間が足りない。

もっともっと、

お客様と繋がる時間を共有したい。



ヒトとヒトの出会いは、

『他にはないカワイイが見つかる』

そんな体験と同じ感動があります。



ご参加いただきました皆様、

ありがとうございました。

次に会える日を楽しみにしています。











moriモデル尾上より


大好きな服の事を

熱く語り合える時間





参加が決まってからの数日間。。。

お客様に会うならどんな服が良いかしら。

少し華やかな方が良いかな?

などと服の事を考える事が

好きなスタッフ達と妄想しながら、

関西からめったに出ない私は、

関東に行くだけでもソワソワ。



まだ見ぬお客様との会話にドキドキしながら、

気持ちがワクワクと浮き足立っておりました。







当日は澄んだ空気が秋らしい、晴天の日。

緊張しながら迎えたお客様からは、

優しい笑顔がこぼれており、

緩やかな空気につつまれながら

「teaパーティ」と言う名の

おしゃべり会がスタートしました。



今回は、東京style事務所の場所をお借りしたので、

cawaiiの服も一緒に連れて来ることが出来ました。



ネットを飛び出し、

お客様に直に服を手にとってもらう

空間を作る事が出来たおかげで、

見て楽しんでもらったり

実際に試着してくださりたり、

内容盛りだくさんのteaパーティとなりました。









お客様からいただいた、

エピソードを少しながら紹介させてください。

貴方と共感しあえるエピソードに

出会えるかも知れません。



cawaiiとの出会いは?の質問に対して



「ネットでいろいろ見ている途中で、

気になるバナーに引き寄せられて・・・」

「バナーが目に留まり、

クリックしたのが始まりです。」









「元々刺繍やレースが好きなんです。

cawaiiにはたくさんのちょっと

他にはない、大人カワイイ種類がありまよね。」



「街中で偶然に自分が持ってるものや、

その日着ているものが被ってしまうことが

稀にあるんです。



そりゃオーダーメイドではなく、

市販のものならそんな事もありますよね。

でもショックでそれを着れなくなちゃう。



だからお気に入りの服なら、

尚更“出会っちゃったらどうしよう”と・・・

でも、なぜだろう。



cawaiiの服なら一緒でもいいと思えるんだろうな。

チョイスしたセンスが同じだと嬉しくなるかも。」









「cawaiiの服は同じものでも、

着る人によって表情が変化してるように思います。

cawaii服をそれぞれの人が、

その人の個性を纏って着るからでしょうか?」




「同じ服なのに見え方ってみんな違いますよね。」




「感じたのは、服が元々持っている力と、

cawaiiの服を着ている方から放つ

エネルギーとを合わせて

愉しんでいらっしゃるように感じます。」




「好きなものを選んでいきたい。

私が気になるのは変形やレイヤードです。」




「メルマガを読ませてもらっているのですが、

内容が面白くて長くても最後まで読んじゃいます。

スタッフの皆さんの

楽しそうな雰囲気が伝わってきます。」










特に印象に残った話は



teaパーティに参加が決まってから、

何を着ていこうと

考えるのも楽しんで悩んでくださったと言う、

60代後半のお客様。




白いコットンガーゼブラウスを

上品に着こなしておられました。



お化粧も丁寧にほどこされていらして、

私が特に素敵だなと見ていたところはアイメイク。



自分は普段マスカラをあまりしないのですが、

その方は上下とも綺麗にされてて

それがよく似合われていて羨ましい!と

目元に釘付けになってしまいました。








「子どもの頃好きだったモノって、

いまだに気持ちはそのままなのよ。

途中で周りや、流行に乗ったこともあったけれど。」



(その寄り道もいいですよね。

より自分の中の答えが見つかる気がします。)



「好きなものは好きで良い。たとえ笑われたって。」



「自分が着たいと思えるものを着続けたい。

オシャレを探し続けていきたい。」



この言葉に心のなかで何度も頷き、

勇気やパワーを与えていただきました。










品の中に可愛らしさが溢れている

永遠に少女のような人。

いつまでも自分と丁寧向き合われている姿を

目の当たりにして

自分自身もこんな風に年を重ねていきたい

と思いました。




おしゃれを探す旅は 一生続いていく。。。



だからこそ、心がワクワクする毎日を。

改めてそう想う今回の関東teaパーティでした。

















次はどこの街で皆様とお会いできるでしょう。

いつか、あなたの街の近くで

開催できる日を夢見て。





久本


丹波旅 その2 「 生涯のパートナーとオシャレを愉しむ時間 」 YOHAKU



丹波旅 その2


「 生涯のパートナーと

 オシャレを愉しむ時間 」





前回の記事ではtomoさんteruさんの

たおやかな休日in丹波の旅を

ご紹介させていただきました♪


>>前回の記事はこちらから








夫婦2人で

オシャレを楽しむ





その中でお色直しと称して、

お二人をコーディネートさせていただきました。

今回はその様子をご覧ください♪




2人並んで

素敵になるように♪




tomoさんには今季お勧めの

カラフルで印象的なロングコートを。

YOHAKUで大人気の

ワイドレザーパンツと一緒にコーディネートして

コートを主役とした着こなしに。

縁取りの波打ちデザインにも拘りを感じる1枚です♪

美しくて独特な模様・色合いは

他にはない出会いになるのではないでしょうか?(^^)






>>レザーワイドパンツはコチラから


>>鮮やかコートはコチラから




男性でも愉しめる♪



トレンディなロシアン帽とも相性抜群♪

赤いピアスがアクセントに耳元で揺れて素敵です。



秋冬のお洒落は、コートに隠れてしまいがち。

色味もシックに落ち着いてしまうことが多いなんてことも・・・

身も心も鮮やかに、大胆に!

秋冬のお洒落も楽しんでみませんか?(^^)



続いてteruさん・・・

teruさんは普段スケーターブランドがお好きで、

アクティブなストリートファッションを着られるということでした。



そこで!今回はこの機会にYOHAKUメンバー一同で、

コーディネートを考案させていただきました♪

teruさんの持つダンディな雰囲気を引き出せるようにと

いつもとは違ったスタイリング。








いつもとは違う

スタイリングを楽しむ。




teruさんは体格が大きく、

自分が着こなせるような服には

限りがあると思っていたそうです。

良いと思った服でも、もう自分とは関係ないものだと

客観的になってしまっていたようです。



ん~もったいないです!

そんなteruさんには今回

美しいラインが出るスラックスに、

渋色のハイネックニットを。



ロングコートで縦のラインを出して、

スタイリッシュな仕上がりになりました。

そこで仕上げのアクセントにペイズリーの

大柄ストールをプラス。






>>ペイズリーストールはコチラから




「自分がこんな服を

着こなせるなんて思えなかった」




いつもとは違う雰囲気に。

teruさんははにかみながら、

「自分だとこんな風に服を選べなかった」

「自分がこんな服を着こなせるなんて思えなかった」

「今度はこんな恰好に目覚めてみようかな♪」



なんて本当に喜んでくださいました。

現場に居た私にも、

その高ぶる気持ちが伝わってきました。



いつもと違った自分、

自身に満ちた表情、

活き活きと何かみなぎるような感覚。

それはきっと幸せの時間が

増えてるってこと。













お洒落っていうのは

男性も女性も関係なく

人の心を躍らすとても

素敵で大切なことなんだと

改めて実感しました。





本当に楽しそうなお2人を見て私たちも

幸せで胸がいっぱいになりました。



影響力、そう。

こうやってちょっとしたきっかけや影響で、もっと幸せに。

未開拓の自分に「大丈夫かな?」の不安。

そこに飛び込む好奇心が新しくしてくれる。



私は今20代後半。

こんな素敵な50代を生きたいと

憧れとなりました。









ダンディなスタイリングに

目覚めた旦那さん。




後日tomoさんから聞いたお話。

teruさんはあの日以来、

ダンディなスタイリングに目覚めて

お買い物を愉しんでいるのだそうです。

夫婦2人で♪






>>丹波の旅動画はコチラから






こんな風に日常に「余白」を創造すること。

自分の人生をたっぷりの愛情で

満たしてゆく為の何かを。

背伸びし過ぎない自分らしさを。

そんなことを考える時間、行動する時間を、

みなさまもたしなんでみてくださいね♪



YOHAKU






「 夫婦で歩く秋の丹波 」 yohakuより



「 夫婦で歩く

  秋の丹波 」





今回はYOHAKUのモデルTOMOさんと

旦那様のTERUさんお二人の

たおやかな旅の時間をのぞいてみました♪







結婚31年目。

子育てが落ち着いた今。


ようやく味わえる

丁寧な時間。





11月25日で結婚31年目を迎えたお2人。

子育ても落ち着いた今だからこそ、

こんな時間を丁寧に味わうことが

できるんだと。




今回の旅の思い出をtomoさんが

綴ってくださいました。

皆さまのたおやかな時間に

読んでいただければ嬉しいです。





-------------------------




夫婦で丹波

へ行ってみよう。




少し疲れ気味のココロにエッセンスを補充しようと、

朝の日差しが透き通るような秋晴れの日 、

少し早起きをして夫婦二人、









オシャレが

大好きな2人。




それぞれお気に入りのストールをまとって

秋を探しに丹波に行って来ました。



ちょっと足を延ばせば山々に囲まれ

豊かな自然に包まれる丹波は、

夏はデカンショ祭り、秋は紅葉狩りにと

私達がよく足を運ぶ

お気に入りの場所のひとつです。



まず、六古窯の一つと言われている、

丹波立杭焼きをじっくり見てみようと思いました。



飾り気はないけれど素朴で

渋みのある形や色合いの器が、

全部見て回れない程 個性ごとに

ディスプレイしてあります。









丹波の器を味わう。



この土地ならではの生命の息吹を吹き込まれ、

器に姿を変えた陶器をながめていると、

造り手の感性や人となりが個性を主張してきます。

私が今まで素朴過ぎると思い込んでいた(関心の薄かった)

丹波焼きのイメージの幅がぐんと広がりました。



この一輪挿しに秋の野花を生けたら素敵…

とか この大皿にお料理を盛り付けたら食卓が華やかになるかしら…

と色々な思いが巡る場所でした。



私は

【器も食のうち】・【見た目も食のうち】に

こだわって来ました。



器は高いものでなくても良いし、数も必要量しか持たないようにして、

お料理に一番似合う器を選んで盛り付けるのが我が家の【家ご飯】であり

私の食育だったように思います。

(陶器とは私にとって特別でもあり日常のモノなのです。









2人の趣味



引っ越しを機に大規模な

断捨離をしたばかりなので、

主人が渋いと気に入ったペアのコーヒーカップは

この次来た時に残っていたなら

買って帰ろうと思います。







陶器の割れたカケラも土間に埋め込んであったり

失敗作にも家の軒下でコスモスが差してあったり

おもしろいモニュメントだったり

右を見ても左を見ても焼き物が溢れている町でした。




400年もの歴史ある街



次に向かったのは 江戸情緒あふれる商家群で

古民家を活用して開催されているマルシェです。








オシャレや素敵を

テーマに集う場所



篠山の秋の風物詩であり荘厳な町家風景に

素敵なヒト・モノ・ショクが集まっている特別なお祭りです。








素敵な場所に集まる素敵な皆さん。

マルシェ独特のたおやかな空気に溶け込んで

まるで見えない何かに惹かれあったかのように

共通するものを感じる人たちが集まる空間でした。








一期一会な出会い

が楽しい



2人でみつけた秋顔は毎年違っていて、

その出会いをこの先も積み重ねていきたいねって。








若い人も年配の方

のびのびと自然に

オシャレを楽しむ。



若い人も年配の方も男女問わず、

のびのびと自然にそして自信を持って

オシャレを楽しんでるのが伝わって来ます。








オシャレに対するひとつの指南を

頂いたような気がしましました。








心や空気で

感じる間。




心躍る心地よい刺激があったのです。

生涯のパートナーと過ごすたおやかな休日。

お気に入りを身に纏って、気分は高まる。

今日が特別なんだと感じる。

自分で創る特別な時間。



ストリートを満喫しながら二往復程した頃、

太陽がゆっくり傾きだして

少し風が冷たくなってきました。








帰りは下道の街道を通って山々が色とりどりに

色付き始めて重なり合うのを

眺めながら帰りました。



透き通った日の光が西から差し込んで

黄金色にキラキラ光っています。

思わず主人と二人 感動の声が出ました。







綺麗な空と

出会いました。





晩夏を思わせるくらいのお天気の日でもやっぱり

季節は静かに秋に変わって行っています。



私達は自然の壮大さや偉大さの中で

生かされていると言う事への

感謝を思い出させてもらった秋を見つける旅でした。


ありがとうに溢れる時間をありがとう。



モデル

tomo







>>丹波の旅動画はコチラより








(編集後期)




こんな風に日常に「余白」を創造すること。

自分の人生をたっぷりの愛情で満たしてゆく為の何かを。

背伸びし過ぎない自分らしさを。

そんなことを考える時間、行動する時間を、

みなさまもたしなんでみてくださいね♪



YOHAKU






-------------------







秋冬を美しく飾る

ストールを夫婦で

楽しんでみました。






今回はYOHAKUのストールを

一緒に身に纏ってみました♪

少し照れくさい気持ちもあったのですが、

なんだかうれしくって。



主人もいつもよりスタイリッシュに仕上がった!

だなんて喜んでくれました。










この日はお天気も良かったので、

さっと羽織り感覚でコーデにもマッチングしてくれました。

男女問わず愉しめて、

巻き方次第で着こなしの幅も広げてくれる優秀さん♪

何枚あっても嬉しい、素材・柄・大きさも様々で、

物足りない!を解決してくれます♪

これからの季節だと、ひざ掛けにしたり・・・

使い方はあなた次第。

私自身オールシーズンにストールを取り入れることが多く、

本当に重宝しています。

首元に巻くことで丁度いいバランスに仕上げてくれますし、

寒がりの私は暖かくお洒落できるアイテムってことで手放せません。笑

自分用にはもちろん、プレゼントとしても喜んでもらえそうですね♪

是非皆さんもストールを取り入れたお洒落を愉しんでみて下さいね♪








>> (左) tomo’sストールはこちら


>> (右) teru’sストールはコチラ


第1回 「地域とつながる」cawaiiマーケット開催



第1回

「地域とつながる」

cawaiiマーケット開催





季節はすっかりと秋色になりましたね。

新社屋になり気分も一新。

加古川駅すぐそばco.ha.coでの

マーケットも同時開催で

スタッフ一同

沢山のお客様にお会いできるのを

心待ちにしておりました。




















cawaiiマーケットは

cawaiiスタッフと地域の

皆様が直接触れ合い

直接cawaiiの服をご覧いただける

とても大切な日でもあります。



cawaiiホームの

1階にある

コミュニティースペースでは

cawaiiの新作や

人気商品がずらりと並び

今か今かとお客様を待ちわびていました。



今回は姉妹店

sanpoの服も出店。

sanpoのスタッフも応援に

駆けつけてくれました。




















お客様が来てくださるか

ドキドキしながら迎えた当日。

10時openなのにもかかわらず

open前から外にお客様の姿が見えた時は

本当に嬉しく思いました。



リノベーションの工事のときから

気になっていてくださった方

いらっしゃいました。

「やっと入れるのね~!」



また、別のお客様からは

他のお店にはないような

デザインのものが沢山あるのね

面白い!なんかわくわくする!

こんなに、いろんなデザインのお洋服があるのね!

時間がいくつあっても足りないくらい目移りする

もっともっと、見たい!!

次回はいつですか?

と目をキラキラさせながら

お話してくださいました。



他にはないかわいい

というcawaiiのコンセプトを

実体験してもらうことができたような気がします。

これから、もっと広げていければと

感じずにはいられない一日でした。






































直接お客様とお話しさせて頂き

cawaiiへの想いや

お洋服やファッションへの想いを

お聞きすることが出来た

とても素晴らしい時間でした。


何より

お客様の笑顔を見ることが出来

とても嬉しく思いました。

















































地域に愛される場所

そしてお客様に喜んでいただける場所として

イベントを作っていけたら、と思っております。



cawaiiマーケット

今後も開催予定ですので

もしタイミングあえば

ぜひ遊びにきてくださいませ。



cawaiiスタッフ一同

心よりお待ちしております。



信川なみこ  コラボレーション企画 第1弾 「スタイリングを学び楽しもう」



信川なみこ

コラボレーション企画



「スタイリングを

学び楽しもう」











簡単スタイリング講座



某有名ファッションブランドで全国1位の

スタイリストとして活躍してきた

信川なみこと、frenchがコラボレーションして

スタイリング講座をお届けします。




cawaiiおよびfrenchの服は

個性を届けようということで

日々頑張っております。

ですので、コーデで使えるアイテムを

販売するよりも、個性あるアイテムを

多く取り扱っております。







合わせにくいという問題



そこで問題になるのが

スタイリンング。

つまり、何を合わせていいのかわからない。

という問題です。

日々、服のことを考えている

私たちですら、悩みながら試し

日々学んでおります。




cawaiiの服だけでは

とっても難しい




実際スタイリングをしているときにも

思うのですが、cawaiiの服のみで

スタイリングを完成させようと

思うと、本当に難しいんです。









ポイントは

シンプルな統一感の中に

1点だけ投入





スタイリングのときも気を付けているのは

実は、cawaiiおよびfrenchの服は

1つしか使わないということなんです。



もちろん。ファッションは自由なので

いろんな組み合わせ方を楽しんでいただき

たいと思っているのですが。



初心者におすすめなのは

キレイに合わせたシンプルスタイル

の中に、cawaiiおよびfrenchの服を

1点のみ投入する着こなしかたです。









なにを合わせていいか

わからない人へ




そこで今回は

スタイリストを長年経験してきた

信川なみこと

コラボレーションして

スタイリング講座を

してみたいと思います♪



もちろん。着こなしは

無限で、自由で、個性を活かして

が基本ですので

皆様の自由に描くことを

オススメいたします。



今回はあくまで、

スタイリングのしかたがわからない。

どう着たらいいかわからないかた向けに

そのポイントとコツをお伝えできればと

思っております。









毎日がファッションショーに

なる日を目指して。




自分が好きだと思った服を

より素敵に着こなせるようになれば

よりファッションが楽しくなると思います。



1日の気分やテーマに合わせて



「綺麗な自分」

「気分高めな自分」

「大人な自分」

「クラシックな自分」

「恋人気分な自分」

「映画のような中の自分」



いろんな気持ちに寄り添えたら

それはまるで

毎日がファッションショー。



毎日がキャンパスであり

毎日が映画女優のようなもの。

いろんな自分を表現できるように

なるとよりファッションが

毎日を楽しく彩ります。



スタイリングという技を

私たちと一緒に

ぜひ習得してみてください♪




それでは

スタート







>>トップス  >>パンツ







その1


まずはこれを

着てみたい。

その気持ちを大切に♪




まずは、この服を着こなしてみたい。

着てみたい。どうにかして着たい。

その気持ちは

絶対に大切にしてください。



その気持ちがなくなってしまえば

ファッションは。無為無臭なものに

なってしまいます。

ただの着せられた服。



そこに息吹を加えるのは

あなたの気持ちです。

服を愛する気持ち。

そして、その気持ちを

愛おしく大切に

育んでください♪








>>コート >>トップス






その2


好きだと思う

ポイントを洗い出す。






その服の好きだと思っ気持ちを

大切に、とお伝えしましたが

その好きだと思った理由を

さらに、掘り下げて考えてみましょう。



「刺繍が素敵。」

「ポケットがカワイイ。」

「シルエットが素敵。」

「色合いがカワイイ。」

「ここのデザインが変わってる。」

「ボタンがカワイイ」



あなたの、ここが可愛い。と思った理由を

起点に組み立てていきます。

その場所やポイントを

引き立てていくためのコーディネートを

考えていきます。



そのポイント以外はすべて

脇役だと考えてください。

その主役を引き立てるための脇役です。






>>トップス  >>スカート





その3


1番のポイント以外

すべて脇役に。




ドラマでも映画でも主役やヒロインが何人も

いると、ストーリーも伝えたいことが

よくわからなくなるのと

同じで、好きだと思ったポイントとなる

主役は1つか2つに絞ります。

まあ、できたら1つがいいです。








>>トップス  >>スカート






その4


脇役はいかに

主役が輝くかに

徹してください




主役が決まれば、脇役は主役を引き立たせる

ための役割に徹してもらいます。



靴がポイントなのであれば、

トップスもネックレスも脇役です。



トップスの肩のレースが主役であれば

アウターもスカートもパンツもストールも

すべて脇役です。



カバンが主役なのであれば

トップスもワンピースも脇役です。



ワンピースが主役なのであれば

靴下も靴もカバンも脇役です。



いかに主役が輝くかを

ベースに引き算をしてください。

簡単に言えば

目立たないように

そして、邪魔しないように。






>>トップス  >>スカート







その5


脇役さんは

主役さんの邪魔をしない

程度に輝いてください。





おとなしく輝いてください

という感じです。笑

映画やドラマでいえば

主役に関わらない

ストーリーはさらっと流します。

料理でいえば、

主役が肉なのであれば

調味料もワインも

肉を引き立たせるための脇役

に徹する感じと同じです。



たとえが、変だったら

すいません。












その6


主役が引き立つ

脇役を選ぶ




肉にあう調味料があるように

味噌にあう食材があるように

主役が引き立つ脇役を

選んでいきます。



いかに、主役が引き立つかに

徹することを忘れずに♪












本当にそれだけで

かなり完成します。




ポイントは

主役と脇役の配置だけなんです。

特徴のある服。

デザインのある服は

そこのバランスがとっても難しいのです。



主役を決めて。

脇役を決める。

主役を目立たせように

脇役さんを

チョイスする。



まずは、ここまで

やってみてください。

慣れてきたことに

第2弾をお届け

させていただきますので

まずは、第1弾をしっかり

仕上げてみてください。



必ず実践

してみてくださいね♪





実践してないと

上達はありませんので

ご注意を♪笑

皆様とともに、オシャレが

楽しくなる世界を

楽しめたらいいなと

思っております。




信川なみこ








cawaiiコラボ

写真集







>>コート  >>トップス






>>コート






>>トップス  >>スカート  >>帽子






>>コート >>スカート >>ヒール






>>トップス





>>トップス >>スカート >>ヒール





>>スカート >>ヒール






>>ブーツ










>>トップス >>パンツ







>>トップス





>>トップス >>スカート











>>トップス >>スカート




>>コート





>>コート >>スカート










>>トップス >>スカート





>>スカート




>>コート >>トップス >>スカート













>>ピアス










>>コート  >>トップス  >>スカート





>>トップス  >>スカート






>>コート  >>トップス  >>スカート










>>ファーコート






>>トップス






>>トップス >>デニム







>>デニム






>>ニット








































>>帽子






















>>コート >>スカート

























>>コート






















光代さんの生ライブ♪ cawaii クリスマスパーティ





cawaii

X'masパーティ開催




ついに、待ちに待った

12月1日。クリスマスパーティが

開催されました。



お客様もスタッフも

加わってくださったパートナーの

皆様とも、たくさんの笑顔につつまれる

とっても楽しい時間になったのではないかと

終わってからもみんなで

成功を分かち合いました。



近日、そのときの様子を共有させていただこうと

思っているのですが、

メルマガ会員の皆様に先に

そのときの様子の一部を

公開させていただきます。



お伝えしていた

光代さんの生ライブ。

会の最後にアンコールで

もう1曲歌っていただきました。



そのときの曲は

Over the Rainbow (虹の彼方に)

という曲です。

1939年に生まれた曲なのですが、

数多くのアーティストがカバーする

名曲中の名曲。



実は、つい先日、

3歳の息子を迎えにプリスクールに

いったのですが、先生に

ダンスの練習中に歌うある歌で

息子が一人、号泣するんですと、

言われまして。まさかさまか。

と思った翌日も、妻が先生から

そう言われて、



3歳の息子が、初めて聞いた曲で

泣いちゃう歌ってどんな曲なんだろう。。。

と思って、クリスマスパーティにきていた

妻が、光代さんが歌いだした瞬間に

これこれ、息子が泣いた曲よ♪

といってすかさず動画をとったのですが。笑



美しい音楽、感情や感動する音楽というのは

遺伝子レベルでつながっているんでしょうね。

本当に神秘的な歌なんだなと改めて思います。



>>光代さんの生歌声はこちらより



クリスマス会の様子は

近日お披露目させていただきます♪

当日は、ご来場された皆様が

本当に美しく輝いてました。

美しい皆様が集うと、より場が

華やかになるんだなと改めて思いました。



人と人がつながる場、

ファッションを楽しむ場をテーマに

また、楽しい企画を

させていただいた際には

ぜひぜひご参加いただければ

とっても嬉しく思います♪




久本

オシャレという遊びと。その奥深さ





オシャレという遊びと

その奥深さ




ファッションって本当に奥が深いですね。

私も最近また、カメラをとって

撮影をしたり、スタイリングをているのですが

組み合わせかたひとつ。

配色のしかたひとつとっても

いろんな見え方があり。

本当にとどまることがありません。



商品にしても、

ひとつひとつに奥の深さがあって

尽きることがないデザインのパターン。

あんなデザインも、こんなデザインも

ってなくらい、魅力が溢れていて

ワクワクしちゃいます。



この前のダナン旅でつくった

ベロアの黒のジャケットを着て

事務所にいったのですが

「社長。靴下を水玉にしたほうがいいですね♪」

なんて言われちゃいました。



たしかに~~!!ということで

水玉の靴下をさっそく買おうと思います。笑

靴下ひとつ。でも印象が変わりますし

メイクひとつでも、印象が変わる。



奥の深い。オシャレの世界を

一緒に、皆様と遊んでいけたらなと

思う今日このごろであります。




久本