人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

みんなでスポーツを楽しむ1日








みんなでスポーツを楽しむ1日。


先日、会社のメンベーと半休をとって

フットサルをしてみました。

もう年々ぶりでしょう。

10年ぶりくりの、フットサルでした。



でも、とってもとっても楽しく。

男性も女性も初心者も混ぜ混ぜの

チームで編成したのですが

それぞれのチームの強みや特性を

いかして、パスがまわってゴールが

決まっていく瞬間が何度もあったのですが

みんなでハイタッチをして喜びあいました。









みんなでやるから

一生に残るような

思い出になる。




足が、ヘトヘトで次の日は少し

ぐったりでしたが、この疲労感も含めて

やっぱりみんなでするスポーツって

本当にいいなと改めて思います。



さすがに、オシャレなスポーツ着というのは

なかったのですが、みんなでゼッケンを買って

つけました。今度は何かドレスコードをして

フットサルをやろうかなと思います♪

ぜひみなさんも、何かみんなでやるスポーツ。

楽しんでみてください。

















ちょうど、終了の時間がきたころ

海岸近くのコートから

綺麗な夕日が見えました。

こんなに夕日がきれいな場所があるなんて♪

と感動するとともに、

自然ってほんとうに素敵だなと

改めて思いました。




久本

素敵な、夫婦モデルさん



素敵な

夫婦モデルさん




先日ご紹介させていただいた

下山さんから、

さっそく「秋冬コーデ」投稿企画

ご参加いただきましたので、

共有させていただければと思います♪





>> 前回の記事はこちらより











こんにちは

「冒険コンテスト」

「カラーコーデ投稿会」

では



楽しくそして自分らしく

表現したものを投稿させて

頂きました。









毎日洋服を選ぶ時に

「今日はどの色にしよう?

どんな感じのイメージにしよう?

アクセとバックは??」

と朝の忙しい時間でも

その時間はしっかり確保するくらい

オシャレが大好きです。








cawaiiの洋服に出会い

更に私のオシャレ心が

開花したと思います。

社長さんの女性に対する温かな

心遣いやスタッフの

方々の明るく生き生きとした

表情の写真を見ると

元気ももらえます。









オシャレをすることは、

みんなを笑顔にそして幸せな気持ち

にさせますね。



今回は「秋冬」がテーマという事で

早速またまた投稿させて頂きます。









先日購入したベトナムのスカートで

いくつかコーディネートを考えてみました。

主人は古着が好きなので

古着を組み合わせた

コーディネートにしています。









また夫婦でお互いモデルになった気分で

楽しい思いができました。

ありがとうございます♪




オシャレは、周りの人のためでもある。







オシャレは、

周りの人のためでもある。




いろんなかたとつながり

お話しをしたり

一緒にオシャレを楽しんでいる

ここ最近。



オシャレは、周りの人のためでもあるなあ。

と改めて思う、そんな瞬間が増えました。

そういえば12年前くらいすごく好きになって

読んでいた、「斎藤一人」さんの本の中に



女性は、イミテーションでもいいから

大きくてキラキラしたネックレスを

つけなさい。それは、自分のためじゃなくて

周りに幸せやキラキラした感情を

与えるためにやるんですよ。



幸せになりたいなら

華やかな色の服を

着たほうがいいよ。




お金持ちの人や

売れている女優さんでも

みんな華やかな色の服を

着ているだろう。

はるか昔の王様たちも

宝石をたくさんつけて

ピカピカ、

キラキラしてる。



人は着るものを

変えただけで

気持ちがぜんぜん

違ってくるんだよ。



この世には

「人は見た目が100%」

という法則があるの。

その人の

見た目どおりの

人生になるんだよ。



華やかで

幸せな人生を

送りたいのなら…

服も華やかに変えてごらん。

自分の人生の

「主役」を

楽しめるようになるよ。




そんな、言葉たちを

想い出しました。

たしかに、言葉や笑顔だけではなく

キラキラしたもの、華やかなものは

周りにもエネルギーを与えて

きっとそれは、また自分にも

かえってきたりするのかな。

なんて思ったりします。



私も、毎日いろんな人に会うことが多いので

周りにもエネルギーを与えれるような

そして自分も自身がみなぎるような

服を毎日着るように心がけています。



周りの人のためにも。

ぜひオシャレを楽しんで

みていただければと思います。





久本

褒めあいながらファッションを楽しむ時間。




みんなで。

褒めあい。

喜び合う。


「秋冬の服遊び」










寒くなりつつあるこれからの季節。

秋冬というと何を思い浮かべますか?

cawaiiでは、秋冬といえば

ファッションの秋。

コーデが楽しくなる季節なんです。



お気に入りのアウターに、

スカートやパンツ。

帽子や靴の小物まで…

「 今年の秋冬も服を楽しもう!」

なんてワクワクドキドキする、

心踊るそんな季節です。









みんなのコーデを

愉しむ時間




今回はmoriスタッフみんなで

cawaiiの服を着て

今年の秋冬コーデをしてみました。



みんなで

「可愛いね!」

「それ似合ってるよ!」

「いつもと雰囲気違って素敵」



自分のコーデも楽しみ、

周りの人達のコーデも楽しむ。

そんな時間を過ごしました。









コーディネートは

自分だけじゃなく

周りのみんなも

楽しいもの。




コーディネートって

自分だけじゃなくて周りの

人達も楽しいんです。

コーディネートを考えるだけドキドキワクワク!

そんな季節がやはり「秋冬」なんです。

そんな様子を皆様と一緒に楽しみたくて、

少しご紹介させていただきます。









>>カーディガン  >>ワンピース 

>>  >>ニット帽




---------------------------------------------



元気さ


まずはmoriのスタイリスト、

OKaIさん。



コーデのポイントは

「ふわもこ、優しい」

そんなイメージを創りながらも、

元気な感じを出したくて。



と、OKaIさん。

いつも元気いっぱいな彼女ですが、

コーデは実は優しい感じが多いのです。



---------------------------------------------











>>トップス >>スカート(11月9日22時販売新作)



---------------------------------------------



好きに忠実に



甘辛ミックスコーデで魅せてくれたのは千紗。

普段は着ないような服を着てみると

みんなが楽しそう、生き生きする感じ。

やっぱり、好きな服を着るということは、みんなが

笑顔になれる方法だと思いました。

と、語ってくれました。



---------------------------------------------











>>ワンピース >>ヘッドドレス



---------------------------------------------



ヘッドドレスを着る



コーデのコンセプトは

「エレガントに!」とSakiちゃん。



どうしてもヘッドドレスがつけたくて。

でも気取らず私らしさも取り入れて。

メインカラーは大人な深紅で。

ウエストをサッシュベルトでマークし、

トレンド感も取り入れつつ、可愛さも忘れずに。



そう語ってくれるSakiちゃんは、

いつもはガーリーなファッション。

いつもより少し大人っぽい雰囲気に

なって照れてしまいました。

と、照れ笑い。



こんな私もいいかもしれない。と、

新しい自分を発見できたそう。



---------------------------------------------











>>トップス >>パンツ >>ブーツ 

>>アウター(11月9日22時販売新作)



---------------------------------------------



長身を楽しむ



長身を活かして、とKony。

身長173センチという高身長を存分に活かした

I ラインを作り出すコーデに。



高身長を活かす!がなかなか出来ないんですが

今回は思い切ってヒールもはいてみました。

ロング丈のものは高身長が似合うと思うので

これからのコーデにどんどん取り入れていきたいですね。



スタイリングはOKaIさん。

OKaIさんは、その人の個性を

活かすのもとても上手なんです。



---------------------------------------------











>>トップス >>パンツ >>ベレー帽 >>ブーツ



---------------------------------------------



私。コーデ全部

買います




mori最年少ひとちゃん。

自分が普段着ない雰囲気の

コーディネートをしてもらい



新しい自分を見付けられた気がします。

いつもと違う自分を見てウキウキした一日でした♪



と、話してくれるひとちゃん。

いつもカジュアルなひとちゃんにmoriスタッフは

「いつもこんなコーデにしたらいいのに!」

なんて、口を揃えて言っておりました。



「このコーデ全部買います!」

と、チャレンジ宣言してくれました。

今年の秋は、新しい彼女に出会えるかも?と

今からワクワクしております。




---------------------------------------------











>>ワンピース >>スカート >>ブーツ



---------------------------------------------



和柄を着る



お次はmoriスタイリストTakiさん。

「和柄をシックに着こなしたくて」

一味違うアクセントに、

ロングスカートを重ねてみました。

秋冬のトーンをこれから楽しんで行きたいです。



いつもナチュラルでお洒落なTakiさん。

さらりと着こなす姿がさすがですね。



---------------------------------------------










>>アウター >>パンツ


---------------------------------------------



私はcawaii愛好家



次は、優しい雰囲気を醸し出す根本です。

テーマは『冬の装い』

落ち着いているけど、少し華やかで、

すっきり魅せてくれるコーデにしました。



落ち着いているのに華やかで、

ゆったり落ち着くコーディネート。

秋冬らしい素敵な仕上がりになりました。



---------------------------------------------










>>アウター >>インナー



---------------------------------------------



男も女も関係ない



ここでなんと男性の登場、ふうたです。

着ているのは勿論、

cawaiiの服です。



ゆったりサイズが多いcawaiiの服は

男性でも楽しめるという新しい発見ですね。

実はcawaiiの服、男性からの

お問い合わせもあったりするのです。

性別を超えてcawaiiの服を楽しんで頂ける、

とても嬉しく思います。



普段レディースファッションは着ないのですが、

今回、cawaiiの服で秋冬コーデにチャレンジしてみて

メンズファッションには無い、

シルエットや新しいものを感じることが出来て、

とても楽しめました。



と、ふうた。

見事に着こなしていると

思いませんか?(笑)



---------------------------------------------










>>羽織り >>スカート 

>>ブーツ >>スヌード



---------------------------------------------



「青」のみを使う



最後にこの人、Noeさんです。

どんな服も見事に着こなし、

cawaiiの世界を作り出してくれる。

素敵すぎるモデルです。



コーデって難しい!

そんな風に思いがちですが、

簡単で真似しやすいのが

ワントーンコーデです。

トップスとボトムスを同系色の色や柄で揃える。

これだけでコーデは一気に

上級者な仕上がりになるんです。



そんなポイントを何も言わずに

抑えてくるNoeさん。

さすがです。



羽織りから見えるスカートの

花柄がポイントです。

ブルー系でまとめることで透明感のある

コーデに仕上げました。

と、Noeさん。



小物に秋冬らしいニットや

ボア素材を使うことで、

寒色系でも優しい暖かな印象の

コーディネートになっています。



ワントーンコーデ

ネイビー、マスタード、ボルドー

の秋色でチャレンジしてみると、

きっと素敵に仕上がるはずです。



---------------------------------------------





ここからは

写真集をお届け

させていただきます。





mori

秋冬コーデ遊び

写真集













>>帽子(11月12日22時販売新作)

















































>>ストール

















































































褒めあいながら

ファッションを楽しむ




いかがでしたでしょうか。

コーディネートの奥深さ。

なにより女性を美しく輝かせてくれる。

みんなでコーデを考えながら、褒めあいながら

自然と笑顔が溢れる。



皆様はこの秋冬、どんなコーディネートを

楽しまれるのでしょうか。



今年は是非、服から季節を楽しんでみてください。


きっと、服も自分自身も美しく輝く、

最高の季節になるはずです。












過疎地の街は、幸せのレベルが高い街。






過疎地の街は、

幸せのレベルが高い街。




あるかたの紹介で、群馬県下仁田町まで行き、

その副市長さんと、地域創生課の

クロサワさんとお話しました。









7000人の街で、若い人たちが減っている。

移住を促進したり、街らしさを、

つくりたいというお話でした。







私たちに何ができるか、

まだまだ分からないですが、

外にいる私から見たら、








みんな知い」



という言葉がぴったりなくらい、

コミュニティがあるではないですか。笑。

歩けばいと出会う。

学校にいるみたい。








でも、この現象が起きるのは、

このくらいの規模の街だからこそ、だと思うんです。

人数が少ないからこそ、

人と人の線が濃くなっていく。



私たちの会社のある加古川は35万人。

35万人では、これは起こらない。

ましてや東京では無理。



私たちの会社は230人くらいおり、

会社内のコミュニティ活動を促進しましたが、

1年半でいだらけになる現象は起こせました。









すごく居心地がいいんです



それが、すごく居心地がいいんですね。

おバカをいいあってあいさつしったり、

メンバー同士やりたいことがあれば、

やりたいメンバーを集めれたり、

プロジェクトが始まりやすかったり♪



私からすれば、

下仁田町は理想の街の原型に見えました。

もちろん、人と人がえば、

いろいろ人間関係の問題もありますが、

それも含めて幸せな生き方なのではないでしょうか。









新しい産業や

商いを生み出すこと




笑える仲間が家の近くにいる、

子供を見会える人たちがいる、

歩けば誰かと井戸端会議も始まる。



このつながりのある暮らしは、

とっても貴重な街らしさであり、

価値であると思いました。



この数十年で築かれた価値。

それを大切にしながら、

新しい産業や商いを生み出すことが

大事だなと思いました。








人が面白いこと。

大自然が近くにあること。

東京から近いこと。

町の役所のかたがたとすんごく距離が近いこと。

山がヘンテコで芸術的なこと。

明治からの建物があること。



そんな価値を一緒につなげていきたい

仲間募集って感じでしょうか。笑。

日本中のひとたちと共感者をつくれる通販や

インターネットにすごく可能性がある

気がしております。








もしご興味あれば、メッセージください。

おそらく、来年の3月くらいから

スタートすると思います。

一緒に下仁田町に遊びにいきましょう。

そして、価値創造な商いをしましょう。




久本


コーデの奥深さ。と女性の美しさ。をお伝えしたくて







コーデの奥深さ。と

女性の美しさ。を

お伝えしたくて





お客様からカラーで遊ぼうという

企画に投稿があったので

みんなで拝見させていただいたのですが



まさか、まさか。

冒険コンテストのときに

応募いただいた下山さん

からではないですか!!??



冒険コンテストのときと

今回の、そのイメージの変わりよう。

素敵さに感動したので

シェアさせていただければと

思います。











「スタイリスト賞」

下山さん




綺麗で清楚なその印象で

こんなに多彩に着まわされる

コーディネート力に

感動したのですが



やはり、服の着こなしに

おいていい意味で

只者ではないことが

証明されたような気分でした。









------------------------





今回いただいた

お写真とコメントを

掲載させていただきます。










前日の「冒険コンテスト亅で

念願の『スタイリスト賞』を頂き、

本当にありがとうございました!



オシャレが大好きな私にとって

本当に嬉しい、有難い賞です!

こんな歳になって賞なんて

縁のないものなのかと

思っていましたが…



発表までの間ドキドキしながら

結果を待っていました。

結果を聞いて、

興奮しながら主人に報告。



今度は夫婦でこの

「カラーコーデ投稿会」で

応募したい!



そして…

今度は夫婦でこの「カラーコーデ投稿会」で

応募したい!と。

カラーと聞いて洋服ダンスから

カラフルな色のものをチョイス。

そのカラフルさが際立つように

黒を基調にしました。
















主人の愛車と一緒に撮影



カラー…と聞くとやっぱり鮮やかな

色のイメージ

夫婦で色んな色を使った服を好み

またデザインや

コーディネートはいつも

個性的であること!



幾つになっても

オシャレでいたいと

思っています。










------------------------



コーディネートの奥深さを

改めて感じさせられました。

TEAパーティをさせていただくときに

よく間違えられるのですが



このメルマガを書いている私、社長は

男性なのです。







↑ 左から3番目が社長。



この写真の右から3番目が、

私でございます。。笑

男性だということもあり

まだまだ、まだまだ、

女性のファッションの奥深さを

研究中なのではありますが、

今回の下山さんの

変身は感服ものでした。



下山さんが

スタイリストとして

デビュー




後日、下山さんとは

お会いして

スタイリストをしていただき

商品ページにもその

スタイリングされたアイテムたちを

掲載させていただく予定でございます。

お楽しみに♪










みんなの

秋冬コーデ

投稿会





下山さんのお写真を

拝見させていただいたり

冒険コンテストでの

お写真を拝見したり



TEAパーティで

お客様を拝見するたびに

みんな本当に素敵だなあ。

と感心してうっとり

見つめてしまいます。

それくらい、




季節と服と女性の

掛け合わせが

本当に美しい





と感じるのであります。

寒くなりつつあるこれからの

季節に向けて

皆さん、どんなコーディネートを

楽しんでいかれるのか

拝見させていただきたいなと

思ったり。

これからもいろんな

秋冬コーデを発信

していけたらと思っております。、





ぜひ

秋冬を服から

楽しみましょう♪





新しいファッションカルチャーが生まれる場所。





「ご応募」続々いただいております。


>>詳しくはこちらより


 

 

f:id:cawaii-mori:20171025171658j:plain





皆さんの思う

「ファッション文化」




についても。続々ご意見を

いただいております。

その中の言葉を一部

ご紹介できればと思っております。



-------------------------





昔、20年ほど前、

定点観測 アクロス」(パルコ出版)

という雑誌がありました。



一般の書店にはあまり置かれていなかったのですが、

当時の東京のストリートで取材したファッションや流行、

サブカルチャーが分析された業界誌で、

私はよく会社で読んでいました。



それを見ていて思ったのは、

生きたファッションや流行は、

ストリートにあるのだなあ、ということ。



パリやミラノやニューヨークから

発信されるファッションが、

世界的な流行を作ると思われがちですが、

必ずしもそれが日本や、

さまざまな国に浸透する

わけではないのだなと思いました。



日本人の体型や、

日本の気候、世相にあった流行こそ、

受け入れられるように思いますし、

日本独自のファッションカルチャーが、

自然発生的に生まれるのではないでしょうか。



私も昔こそ、よく雑誌を買って流行を

チェックしていましたが、

今は電車の中、街を歩く人、ショーウィンドウを

参考にどんな服が自分に似合うのか考えるのが

楽しい今日この頃です。






-------------------------




私にとってのファッションカルチャーとは



自分を表現するものであったり

自分の気分をアゲてくれるものだったり

カルチャーとは? 

新しい自分に出逢えたり

自分の可能性を広げてくれるものですが、

社会全体にとっての

ファッションカルチャーというと、

やはりそういったものの集合体で、

一人一人のそうした想いが街や団体に

明るさやパワーを与えてくれる

のではないかなと思います。



実際お洒落な人がたくさん歩いている街は

いきいきしていて、歩いているだけでこちらも

パワーをもらえるような気がして、

また行きたいと感じたりします。



自分たちが暮らす街が

そんな風にキラキラしていたらそれだけで、

毎日が楽しくなりますよね。

だから久本社長達が提案している

「人が集える場所づくり」

にとても共感します。



以前加古川の街をおしゃれしてお散歩する、

といったないようがあったと思います。

これもその一環として、

とても有効ですよね。



次回はリッツカールトンでもお話ししましたが、

姫路でぜひ開催して下さい。

姫路城や考古園などフォトジェニックな

場所がいっぱいあります。

個人的には桜の時期がお勧めです♪



姫路城の北にある千姫の

小路なんかとっても風情があって

素敵ですよ♪

帰りには社長もチェックしていた

姫革細工も見ていただきたいし、

他にも隠れた銘品があるかも?



夢みたいなことを勝手に

並べ立ててしまいましたが、

少しでも参考になれば嬉しいです。

でもこんな風にたくさんの人が集まって

好きな場所・ファッション・趣味などなどを

共有していくいくことで、

大きなパワーに変えて

いけるような気がします。




「おまけ」


昨日再販待ちをしていた

ワンピースをようやくゲットしました!

もし招待して頂ければ、

さっそうそれを着て

お邪魔したいと思います(^^♪






-------------------------




引き続き参加のご応募を

お待ちしております。


「本当の好きを好きと言える仲間」 cawaii teaパーティ






「本当の好きを好きと言える仲間」



先日開催させていただいた第2回TEAパーティ。

今回は、お茶もアフタヌーンティも美味しくて

音楽の生演奏が聴けて、

なんといっても空間がとっても素敵な

リッツカールトン大阪を選ばせていただきました。








来てくださった皆様も、

リッツカールトンに合わせた

オシャレをしてきてくださり

また普段とは違った、空気感の中

オシャレを楽しむ時間を

共有させていただきました。









オシャレを楽しむ場所と仲間を

みんなでつくっていきたい。




私たちは。

オシャレを楽しむ場所と仲間と

みんなでつくっていきたいと思っております。



今の世の中は

オシャレを買って終わり。

オシャレを買わせて終わり。

オシャレを買うだけで終わり。

になってしまっているなと

改めて思うのです。








着物が生まれた時代も

ドレスが生まれた中世ヨーロッパの時代も

民族衣装が生まれた時代も

きっと、そこには

人と人が集う場があったのでは

ないでしょうか。

そして、人と人が集う場所から

新しいファッションカルチャーが

生まれたのではないでしょうか。



つながりのない。現代社会に

cawaiiは、

新しいつながりを生み出し

つながりの中から生まれる

心豊かな幸せを

生み出していきたいと思っております。








人と人が出会う場所に

ファッションがあり

人と人が集う場所に

新しいカルチャーが生まれ

新しい幸せが生まれる。




TEAパーティで出会ったお客様の多くは

カルチャーを愛している人たちでした。

お洋服。音楽。ダンス。手作り作品。

乗馬。お花。旅。歴史的な建物。言語。

きっと皆さんの興味関心

好きなものを掛け合わせることができれば

ファッションを楽しむ新しい場づくりが

生まれていくのではと思っております。



私たちも模索中ではありますが

皆様とともに、ファッションを楽しむ場づくりが

できればと思っております。

買わせて終わり。

買って終わり。

買うだけで終わる。

のではなく、








お洋服が喜ぶ場所へ

連れて行ってあげよう




「着ていく場所へ」お洋服とあなたを

連れて行ってあげてこそ

お洋服もあなたも最高の

幸せを感じるのではと思います。

その場所は、同じような価値観と

同じような好きが合わさった人が

集う場所なのではないかと思います。



「TEAパーティ」はぜひとも

毎回違う場所で、毎回違うテーマで、

オシャレと会話を愉しみながら

また新しいカルチャーやきっかけが

生まれるような場になれば

いいなと思っております。



また、当日参加した

スタッフのメッセージを

合わせご紹介できればと思います。






------------------------









「似合う」服1割。「好きな」服9割。



皆さんcawaiiの服を

コーディネートに入れて来てくださいました。

みなさん、個々にアレンジされた

ステキな着こなしの方々ばかりでした。

「この服私も見てました!」

「こんな着こなし方もあるんですね。」と

席に着く前から、服やコーディネートの

お話で話しが自然と

盛り上がっていました。



(私が主にお話を聞くことが出来たのは、

50代のお二人。)



服の事になると、話がはずむ、はずむ。

初めて会ったのに、

心の扉をいきなり開けて

お話してくださいました。








今のままでも、素敵なオシャレさん。

長い人生のなかで、

自分の事を良く知っておられる方ばかり。

似合う服も分かってきている・・・



でも、まだまだやれる。

ファッションをいつまでも楽しみたい

という気持ちが伝わってきました。



印象に残った言葉の中に、

「似合う」服1割。「好きな」服9割。」

があります。

おしゃれの感覚が鋭い方は、

見た目も大事ですが、

自分の気持ちが上向きになる服を

探求されているのだろうかと思いました。



夜ひっそりと鏡に向かって、

この服を自分なりにどう着こなしていこうと

考えながら1人ファッションショーの

ような事をされている

エピソードを聞き、私もやっていた事が

あったのでとても共感しました。

この妄想時間が、

未来の新しい自分に出会う

一歩なのかなと思います。



探求する気持ちは、

老いも若きも世代関係ないと感じます。

自分が良いと思う物は、良い。

この感覚に正直に生きる。





(これが、個々の個性が

滲み出る状態なのだと思っています。)








楽しい、ワクワクする気持ちを

日常の中で持ち続けることが、

今を「生きている」人の

醍醐味の一つなのではと思いました。



これからも、様々な人に

あってたくさんのエピソードを知りたいです。

そしてステキなエピソードや、

出会いを分かち合いたいなと思います。

生きている限り、探求心が消えない限り。

これは続いていくのではと思います。



スタッフ ミカ





------------------------








「こうして話していると旧友のようだわ」



お客様の日常に

こんなにもcawaiiの服が溢れていることを、

改めて感じる事が出来ました。



cawaiiの服との出会いは、

それぞれ場所も違うけれど、

今、こうして皆様が揃い、

おしゃれについて語り合っている事に、

そして皆様がキラキラしている事に

ただただ感動しました。



こうして、皆様の日常にcawaiiの服が

存在しているんだ、

私たちが届けていられるんだ、

という幸せを感じられずにはいられませんでした。








「cawaiiサイトを見るのが日課なの」

「こうして話していると旧友のようだわ」

「自分が好きだと思う服を着ていたい」

「周りと一緒じゃつまらない」

「これからもおしゃれを楽しみたい」



今日出会ったばかりのお客様同士が

一つのcawaiiという繋がりによって

こんなにも共感しあえたことを嬉しく思います。



これからも皆様の彩りある日常に

cawaiiがありますように。

そして、また語り合える場を創れますように。




スタッフ taki





------------------------









「好き」とは、「カワイイ」とは

私自身でありであり、

お客様自身




ありふれた世界で人目を気にして

自分の本当の好きとは

かけ離れた日々の中に

自分の好きとは本当のかわいいとは

何かと考える日々

そんな気持ちの中今回お客様と出会い

好きの在り方を知りました。



好きとは、かわいいとは

私自身であり、お客様の全てでもある



好きを発信することにより

かわいい存在が生まれ始めると言うこと

いつものコーディネートに1つ

また1つ、そしてまた1つ

好きを取り入れてみようと

今回のティーパーティ後

心がけてみました



気がつけば自分に

「好き」が寄り添っている

そして「かわいい」と

共感してもらえる日々が増え

毎日が楽しい日に変わって来ました。



他にはないcawaiiをお客様に

教えてもらいました



それこそが今までの『自分』であり

今を『生きる』意味になり

未来の自分と言う『価値』に

繋がっていくのではないかと実感しました。

自分を知ってもらい、人を知ることにより

私の知らなかったかわいいを知り

私と皆と言う掛け合わせたものが

他にはない素敵なcawaiiが生まれ続け

素敵なものと変わり続けていると感じました。



その楽しいと感じる時間こそが

自然体の自分であり

新たな素敵な自分に出会う一歩なのだと








私たちスタッフは皆様に寄り添い

皆様の傍にファッションを通じて

皆様の好きがcawaiiと触れ合うことが出来て

とても幸せを感じています。



これからも様々な人と好きを分かち合い

あなたと言う価値を他にはないcawaiiとして

皆様と一緒に、また皆様にcawaiiを

届けていけたらいいなと

心より想っております。





------------------------





お越しくださったお客様からも素敵な

メッセージをいただいております。




>>続きはこちらより



コーディネートに悩む。を解決したくて。




「簡単コーデセット スタート」


お客様よりまとめて買いたい

というお声をいただくこと6年。

みんなで話し合って

コーディネートまるごとセット

というものをつくってみよう。

ということになり

つくってみました。









直感を信じて一度

試してみてほしくて。





まずは、直感でこのスタイルがカワイイ。

と思ったものでまるごと

オシャレすることを

楽しんでもらいたい。

直感で気に入ったスタイルを

そのまま使っててほしい。



そんな想いをこめて

つくってみました。









コーデそのまま

まるごと買える。



スタイリングスタッフが

これなは私も着てみたい。

と思うスタイリングを

厳選してしたものを、



そのまま。まるごと

買うことができる

セットを用意しました。









返品無料


サイズが違ったり

イメージが異なる場合は

返品を無料で承ります。



ぜひ着てみる楽しみ。

オシャレしてみる楽しみを

日常の中で楽しんで

いただきたいと思っております。





今回は3店舗同時

コーデセットパーティ



ということで

cawaii、sanpo、style

の3店舗同時で

コーデセットを販売させていただきます。



どれも数量に限りがありますので

売切れの場合はご了承

いただければと思います。



























>> cawaii 一覧はこちらより





























>> sanpo 一覧はこちらより
























>> style 一覧はこちらより









cawaii

コーデセット































































cawaii ファッション祭 へご招待

 



11月3日にcawaiiの新拠点が生まれます。

約1年前から計画を進めていたのですが

ようやく、皆様にお披露目することができます。







cawaii

ファッション祭

へご招待




日時 11月3日(文化の日)

場所 兵庫県加古川市

時間 10:00~16:00





11月3日は文化の日。

文化とは

アグリカルチャーという

言葉から生まれたそうで

アグリカルチャーの「耕す」という

言葉から、「心を耕す」

という意味をこめられているそうです。

芸術や学問もカルチャー。

演劇・映画・放送・音楽・舞踏・大衆芸能

などもカルチャー。



いろんな意味でカルチャーというものが

使われておりますが

「心を耕していくもの」の中に

カルチャーというものが宿っているのではと

思います。









また、文化の日の由来は

日本国憲法にある

「自由と平和を愛し、文化をすすめること」

に由来するそうです。

私たち、cawaiiも

自由と平和を愛して。ファッションカルチャーを

新しい次元に進めていけたらなと

思っております。








ファッションはカルチャーです。

心を耕していくものです。

私たちが提案する

新しいファッションカルチャー

が生まれる場。

生み出したカルチャーを祝福する場に

なっていけばいいなと思います。




cawaii新拠点

オープンパーティは

入れる人数の関係で

50人限定の

ご予約制になっております。

ご予約がいっぱいの場合は

たいへん恐縮ですが

抽選とさせていただきますこと

ご了承くださいませ。






------------------




(応募方法)



info@onepeace-net.com

 



直接ご返信というかたちで

以下のご質問にお答え

いただくかたちでご応募ください。


1、お名前。

2、おおよそのご来場可能時間 

3、あなたにとってファッションカルチャーとは?




------------------





ぜひ皆さまと

ファッションの新しい世界を

新しい可能性を

愉しむことができればと

思っております。