人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

社長34歳バースデー




※あ、、ちなみに、写真の一番左が社長です♪




社長

 

34歳

バースデー






1月30日をもって

社長こと私、久本和明は

34歳を迎えることとなりました。



記念すべき。この日を

皆様とともにお祝いすることが

できたらなと思い

メルマガをお送りさせていただきました♪



この1年は、本当にいろんなことが

あったなと思うとともに、

ファッションについて

人生について

社会の幸せについて。

いっぱいいっぱい考えさせせてもらえた

1年でございました。



どうすれば、世の中の女性が幸せになるのか。

どうすれば、素敵な商品が企画できるのか。

どうすれば、ファッションを楽しむ人が増えるのか。



皆様のおかげです



答えはまだまだわからないですが。笑

それを支えてくださる皆様が

いてくださったからこそ

私やcawaiが存在しているのだと

誕生日を迎えるたびに感じるのです。

今までお付き合いいただき

本当に本当にありがとうございます。



そして、これからもよろしくお願いします。

今までにない。

そして世の中にないカワイイ世界を

お届けし続けてまいります。

また、今年からはさらに

ファッションを楽しむ場や仲間を

リアルで増やしていく活動もスタート

させていきたいと思っております。



見る楽しみだけでなく、着る楽しみ。

趣味や想いで人とつながる楽しみ

についても表現していけたらなと思っております♪



自分の心が喜ぶ服



そんな選択をする仲間が日本中に

たくさん増えたらなと思っております。

趣味の世界にcawaiiの服を。

職場や生活の中にcawaiiの服を。

非日常な場面にcawaiiの服を。



自分らしく生きる人

が世の中に増える

ことを願って




「自分らしく生きる」

言葉では簡単ですが、実行するのは

なかなか難しい言葉でもあります。

服というのは、

自分らしさを表現するひとつのツール

なのかなとも思うのです。

だから、服から始めるのも、悪くない♪

ぜひ、心が好きだと思うものから

着てみることをオススメします♪

天才的デザイナー ドリスヴァンノッテン







天才的デザイナー



1月13日より

ドリスヴァンノッテン

という映画が公開されました。



フランスにいってからというもの

デザインの歴史。

服飾の世界をさらに学んでいるのですが

そのクリエイションの映像や話を知るにつて

その深さに感動したり、

その文化を引き継いでいかないといけないという

想いにかられております。



そんなタイミングに現れたのがこの映画。

パリコレクションの中でも

とっても好きなデザインが多く

すごく興味深く見ていたデザイナーさんが

特集されるということで、

とても楽しみでした。

いよいよこの週末に見に行こうかと思っております。



ぜひ皆さまも観てみてはと思う映画なので

ぜひ見に行きませんか?

見に行って感想をいただけた皆様からの

感想もぜひお待ちしております。

「クリエイションの美」をともに

語り合えたらななんて思っております。





ドリスヴァンノッテンHPより

紹介文を転載させていただきます♪


------------------




ミシェル・オバマ前大統領夫人、

ニコール・キッドマン、

そしてアイリス・アプフェルなど、

世界のセレブリティやファッション・アイコンが

愛して止まないファッションデザイナー

“ドリス・ヴァン・ノッテン”。



これは、ファッション勢力図を

塗り変えた企業買収の嵐や、

共同経営者の死を乗り越え、

唯一無二のブランドを牽引する

天才デザイナー、ドリス本人に迫る

初のドキュメンタリー映画である。



広告は一切しない、自己資金だけで活動する、

手軽な小物やアクセサリーは作らない。

洋服だけで世界と勝負する潔さは、

他の一流ブランドの追随を許さない。

独立系ブランドの雄と呼ばれる所以である。



ドリスは25年間、一度も休むことなく

メンズとレディースのコレクションを

年4回発表してきた。

カメラは2014年9月にパリの

グラン・パレで開催された

2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、

2016年1月にオペラ座で発表した

2016/17秋冬メンズ・コレクションの

本番直後までの1年間に密着。




彼が半年間かけてクリエイトした努力の結晶を

幼さの残るモデルに自ら着付ける

ショーの舞台裏はもちろん、

世界中に特注した生地のサンプルが

整然と並べられたアトリエ、

インドで彼の要望に応えるために

フル回転する刺しゅう工房など、

創作活動の全貌を明らかにする。




------------------




ぜひぜひお近くの劇場で

公開されてましたら

この機会に見に行ってくださいませ。

ファッションの奥深さを一緒に

体感できたらいいなと思っております。





久本




cawaii服のコーディネートのコツ。お伝えします。







mori お試し

コーデセット発表会





cawaiiの服は可愛いなと思うんだけど

どうコーディネートしていいかわからない。

まだ着たことがない。。。という皆様のために

最高のコーディネートセットを考えてみました。



「mori」

最高のコーデセット




初心者のかたでも、この組み合わせであれば

必ずスタイリングが決まるだろうというものを

厳選して組み合わせております。

このセットのまま着ていただければ

素敵に見える魔法のコーデセット。

ぜひ一度お試しください。



お試し返品無料



実際着てみて似合わないと思ったら

返品していただいてけっこうです。

皆様のべストが見つかることが

一番ですので、お気軽に

ぜひいろんなコーディネートを

お試しください。







>>こちらより






>>こちらより







>>こちらより








>>こちらより







>>こちらより








>>こちらより








コーデの魔法をかけます。




毎日毎日スタイリングと向き合っているのですが

色の組み合わせ。目立たせるところと

目立たせないところのバランス。

cawaiiの服は個性があるだけ、組み合わせるのが

とっても難しいなと思ったりする日々ですが

ポイントがあります。




その1 

カラーの統一感をまとめる。





ベージュ。茶。おうど色。などの暖色系であれば暖色系。

青。黒。グレー。緑。などの寒色系であれば寒色系。

でまとめてみると、簡単に組み合わせができます。

他にも色のまとめかたのパターンがあるのですが

まずはそれだけ押さえておけば簡単に

まとまりがつきます。




その2 

cawaiiのアイテムは1個しか使わない。





意外と思われるかもしれませんが、

コーディネートを日々考えている中で生まれたのがこれ。

個性と個性をぶつけるより。

1つの個性を引き立てるように着るのをオススメします。

トップスを着るなら、靴もスカートもそれを引き立てる脇役。

カラーを合わせつつ、できるだけシンプルなものを

選んであげてください。

パンツを目立たせたいなら、トップスも靴も脇役。

あくまで、簡単にコーディネートをする方法です。



その3 ヘアもメイクもばっちり決める。



もちろん人それぞれあると思いますので

それぞれの感性と個性と直感を一番優先

させていただければと思うのですが

個性をある服を着るということで、

全体のバランスをとるうえで、

服に歩調を合わせてあげてほしいんです。

優しい服なら、

全体を優しい感じにメイクもヘアもコーデアイテムも

整えてあげてください。

ゴージャスな服なら

メイクもヘアもややゴージャスめに合わせて

あげてください。

キレイめな服なら

ヘアもメイクも綺麗めな感じに合わせてあげてください。

そうすることでバランスがとれて

人も美しく。服も美しくなります。




cawaiiの服は晴れ着気分で

そう

結婚式の2次回の

イメージで着る。




厳しい言い方かもしれませんが

服は派手なのに、メイクやヘアが地味だと

服だけが浮いて見えることがあるので要注意です。

ですので、皆様にはぜひcawaiiの服を着るときは

普段より濃いめにメイクをしてみてください。

結婚式の2次会とまで言わないまでも

ヘアアイロンで少し整えたり巻いてみてください。






創造的なものが生まれる瞬間。






家族や仕事を持たれている皆様は

よく理解してもらえると思うのですが

子供と家族ができて、我が子のような

会社の仲間が続々と増えて

なにかと多忙な日々を送っております。

一言では言えないのですが、、、

200人以上もいるスタッフたち。

それは、それは、経験したことのないような

大家族で、33歳になるまで

今まで経験のしたことのような多忙さです。



忙しいという字は、心を亡くす。と書くのですが

自分の心の創造性を掻き立てる時間が

3年前、5年前と比べて、圧倒的に少なくなりました。

でも、得たものはかけがえのない宝でした。

目をつむれば、宝のような仲間たちと

こんなことをしてみたいな。

あんなことをしてみたいな。



創造性の中には、いつも人がいるのです。

一人一人の可能性を最大限活かしたうえで

あんなことができるな。こんなことができるな。

そして、彼や彼女が今この経験をしていれば

1年後にきっとあんなことやこんなことができる。

そんなイメージが膨らむのです。

3年前、5年前までは、

一人でなんとかしないといけないと

焦る気持ちでいっぱいだったのですが。。。。

それを、思い浮かべると涙が浮かぶほど

嬉しさや、喜びや、愛が溢れる気持ちになります。

創造性はチームあってのことだなと

改めて感じます。









旅をしているときの一人の時間。

カフェで音楽を聴きながらしている一人の時間。

服や写真や生地や芸術作品と向き合っているときの時間。

いろんな妄想が浮かびます。

その浮かんだ妄想を、事務所に帰り

スタッフのみんなに話をして、

いろんな新しい何かが生まれたり

していっております。




ちなみにこれを書いている今、

私の頭の中では、

「 seasons of love 」

という曲が流れております。

新しい創造性を皆様にお見せできるよう

また新し仕掛け、仕組みを考えております。

ぜひお楽しみにしていただければと思います。



久本


パリのDior展へ そこにあったのは、ブランドの哲学。






フランスからのお便り

パリのDior展へ





パリのクリスチャンディオール展にいってみました。

事前チケットも完売続きで

当日も大行列の中、見ることができたにですが

パリのルーブル美術館の隣のすごく大きな場所で

開催されているだけあって

本当にそれはそれは、夢の中のような世界でした。



その様子を皆様にも少しシェアさせて

いただければと思います。









クリスチャンディオールの創業は70年前。

立上げからほんの10年のあいだに

全世界を席捲するブランドになったのが

ディオール。ファッションのモードの

世界をつくりあげたのがディーオールというくらい、

ファッションを語るにおいて切っても切れない

ブランドなのです。ともに革命児なのですが

ココシャネルのライバルがディオールというくらい。









戦後、復興に向けて社会が動いている中

物資が少ないこともあって

女性が身に着けているものは

質素で簡素で布の少ない服ばかり。

そこに、新しい風を吹き込んだのが

ディオールさん。

「フランスの中にかつてあった

ブルジョワの贅沢さ豪華さ」

をふんだん使った服を発表しました。

その新しいスタイル、「ニュールック」は

一世を風靡することとなり

贅沢な女性らしさ、

豪華な美しさへの解放という

メッセージが社会性も帯びて

世の中に広がって

いくこととなったそうです。









そして、ディオールさんが

お店をスタートしてから

死んでしまうまで、たった10年ということも

すごい話だなと思うことのひとつ。

コレクションの写真を見てもわかるのですが









毎年、趣やテーマをガラっと変えたものを

発表し続け、人々を驚かせていったのです。

それはまさに「ニュールック革命」そのもの。

例えになっているのかわかりませんが

それは、ラジオからテレビ。

馬車から車、ガラケーから、スマホへの

革命くらいすごいことなのではないかと

思います。









みずから戦争という危険と欠乏の時代を

経験したディオールは、

女性がフェミニンでいられること、

それ自体が平和のシンボルであり、

そのような女性の姿を自分のドレスで

彩ることが「非文明」への抵抗であると

考えていたそうです。









ピカソとの交友もあったぐらい

芸術や美の世界にいたディオールさんが

戦争の時代を過ごしたからこそ得た

女性と平和に対しての想いだったのでしょう。









女性の美しさの復活。

そして、女性の自立へのメッセージ

もっと深く知っていきたいなと

思うことがたくさんある展覧会でした。









私たちも女性の幸せを願う服を

つくり続けていきたいなと改めて思います。



それでは

展示の内容を少し、写真を通じて

ご紹介させていただきます。







































































当日着たお洋服を

少しご紹介させていただきます。

写真は、ディオールの本店になります。

ディオールの本店も気球をモチーフに

素敵に飾り付けされていて

とっても素敵でした。

今年の春夏アイテムも多数ありましたが

本当に素敵なアイテムばかりでした。











>>花編みフレアスカート










>>花編みフレアスカート









>>花編みフレアスカート















>>花編みフレアスカート





長くなりましたが

また、次回のお便りを

お楽しみにしていただければと思います。




フランス旅。 フランスからのお便り。


 

 


フランス旅


~フランス旅からのお便り~





急きょですが、年末年始にかけて

美の原点や、ファッションの原点を

感じるために

フランスに旅に出かけることに

なりました。

cawaiiのインスピレーション元の

ひとつでもあるフランスで

いろんな学びと出会いを

つくってきたいと思っております。









フランスの長く古い歴史から

生まれたファッションのこと。

現代のファッションやアートの世界、

現地の人との出会いから生まれる

新しい何か。




フランス旅の様子やそこで

見たもの感じたものを

リアルタイムでご紹介させて

いただければと思っております。









年末年始にかけて

フランスにおりますため、

旅の様子を交えて。

そのフランスの非日常なひとときを

皆様にお裾分けさせていただきます。



よい年末年始をお迎えください。

そして、皆様もぜひ思い切って旅へ

出かけてみてください♪














第1話 パン屋巡り


美味しいパン屋を探して

パン屋巡りをしてみました。

関西では、神戸や大阪、芦屋の

有名なパン屋さんも

フランスに修行に来るくらい

本場なフランスのパン屋

街にはたくさんのパン屋さんが

あったのでお店の人とも

語り合いながらいろんな

パンを楽しんでみました。



















































合わせて今回、来ていた服を

ほんの少しご紹介させていただきます。






>>花柄ニットワンピース















>>花柄ニットワンピース















>>花柄ニットワンピース



















>>花柄ニットワンピース



















>>花柄ニットワンピース




また続編をお楽しみください♪





フランス旅で感じたもの。 心が自由な女性をよりいっそう応援していきたいです。

 

 

心が自由な女性を

よりいっそう応援していきたいです。

 



今年の正月は、

新たな出会いと発見があればいいなと

パリに来ました。



300年前のフランス革命から学ぶ

フランスのアイデンティティ。

芸術とファッションと文化と

ブルジョワについての関連性。

ディオールから学ぶブランドの哲学のこと。

まだまだ勉強不足で消化しきれてませんが、

2018年に続くきっかけになりそうな気がしております。



シャネルやディオールの哲学を見てもそう、

時代によってファッションが進化したり、

生まれたりするのは、

歴史が変わるときだったり、

女性の社会進出だったり、

女性の解放だったり、

深い何かを帯びている。



このタイミングでパリにきたのも。

ディオールの展覧会を観れたのも、

何かの運命を感じます。



ワンピースとして、目指すものは、

社会全体の人々の幸せ。

2017年は会社全体の利益を

すべてといえるくらい

新規プロジェクトに投入しました。



いろんな社会実験的な

コミュニティプロジェクトが生まれ、

スタッフ自らの力と想いで自力で立ち上げ、

運営し、少しづつ種を見せようとしています。



日本社会は、幸せや心の豊かさに

飢えているような気がしています。

仕事仲間、家族、友人との信頼関係が

気薄にならざるをえない社会構造が

原因だと分かってきたのですが、、、



私たちが目指したいのは、

マイホームといえるような場所や、

人とのつながり、豊かな働きかた、

地元で支えあえるような地域社会、

愛のバトンを受け渡せるような家族関係、

ローコストな福祉活動をする地域の仕掛け。

未来の子供達への教育。

いろんな社会的な実験を繰り返し、

日本全体に広げていけるような取り組みに

できるようなワンピースであったらいいなと

願って活動し続けていきたいと思っております。



2018年は、地域活動も含めて、

ファッションの世界をより深く理解し、

日本社会がより豊かに幸せになることや、

女性が自由に自立して生きていける社会を目指して、

活動できたらなと思っております。



インスピレーションを受けるのは、

かつての社会活動化や芸術家。

文化をつくった人たち。革命を起こした人たち。

2018年は、社会が幸せになるための

キーファクターである女性、特に、

心が自由な女性をよりいっそう応援していきたいです。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。



久本


2018年。今年もよろしくお願いします。




他にはないカワイイという意味は

没個性社会である日本の中に

「私」というものを表現する

象徴やモノ



新年あけましておめでとうございます。

今年もcawaiiとワンピースを

どうぞよろしくお願いします。




皆様のおかげで

cawaiiも2018年を迎えることができました。

ファッションを通じて

社会に対して何ができるのだとろうか。

そんなことを考え続けてきた

10年でした。




これだけある

ファッションの会社。お店。ブランド。

ファッションモール。百貨店。ECショップ。

ファッションに関わる人たち。

同じことをしていても意味がない。

やっている価値を感じない。

そう思いながら、なんとか

私たちにしか出せない価値を

見出し続けようとした10年でもありました。



でもこの10年を迎えて

恥ずかしながら

ようやく見えてきたものがあります。



会社の目指す道でる

「人々の毎日に幸せや喜びや感動のある世界を」

というものから生み出される世界。

社会に対して私たちにできること。



それは、現代の日本の社会が

抱える女性課題を前進させること。



真の意味での

ファッションを通じた

女性の生き方や生き様

を幸せな方向に導くための何かを

しっかり表現し体現することだと

思っております。



他にはないカワイイという意味は

没個性社会である日本の中に

「私」というものを表現する

象徴やモノであると思っております。



そんな「私」を美しく表現できるものを

皆様にお披露目できるよう

2018年はさらに邁進していきたいと

思っております。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。








「女性はメイクでかなり変わる」 すごく変わります。




「女性はメイクで

かなり変わる」







~bois lab~


ボワラボ


「mori研究所」企画


メイクでもっと綺麗に輝こう。






女性は自分で自分に魔法をかけるんです。

それが


「メイク」


女性は自分が美しくなる方法を知っているんです。

メイクはその人の良さを引き出し

もっと素敵に輝かせる魔法。




今回はひなたさんに来て頂き

メイクレッスンをしていただきました。

普段のメイクにちょっとプラスするだけで

もっともっと綺麗になれる

そんな素敵なメイクのテクニックを教わりました。



もう何年も同じメイクのまま・・・

いつも同じ色ばかり使っちゃう

チャレンジしたいんだけどどうすれば?



そんな方も多いと思うのです。

それはcawaiiスタッフも同じでした。







そんな私たちは鏡に向かい

その先にどんな自分を想像するのでしょう。

もっと素敵になりたい

もっと綺麗になりたいと

そう思っているはず。




「メイクは自分を知ること」









「メイクは自分と向き合う事」



















少し工夫するだけで

自分の良さを引き出し
























素敵な笑顔を生み出す

そんな魔法だと思うのです。











































アイブロウは

「口角と目尻を繋げた延長まで書くこと」

「眉尻こそ濃くして眉がしらはぼかすと自然になるよ」

と、ひなたさん。
























































「チークはピンクにオレンジをまぜて

可愛いだけじゃなくて、元気な印象に。」

「愛されチークは丸く丸くふんわり塗っていってね」







「可愛くしたいならコーラル系のリップを選んでね」



その人の顔の特徴に合った

メイクのポイントを教えてくださるひなたさん。

ひとりひとり

ベースメイクから

アイシャドウ、チーク、リップも

全部違うんです。

















moriスタッフ Sakiちゃん



------------------------------------


自分の顔はコンプレックスばかりで

嫌なところを隠すメイクをしていました。

ひなたさんに出会って



「輪郭が面長だから

横に長くを意識して

そして眉毛も長めに描いて

一番時間をかけるように」



私の顔の特徴にあったメイクを教えてくださいました。


「ハイライトもアイライナーもいらない」


私からすると

これだけでいいの!?

と最初は思いました。

ですが、鏡を見て思った事は

なんかしっくりくる!!でした。

自分に合ったメイクをする事で

コンプレックスが好きに変わる瞬間を

体感できて嬉しかったです。

自分に少し自信が持て

今は笑うのが好きになりました。

これからは、自分の顔に合った

メイクを研究していこうと思います。



------------------------------------

















おもてなしスタッフ あやかちゃん



------------------------------------

メイクレッスン。

すごくキラキラな時間でした。

服は毎日変えるけどメイクはずっと一緒。

雑誌などでメイク特集は見るけど

取り入れることなく

なんとなく過ごしていました。

そんなときに教えてもらった

眉の書き方

私に合ったリップの塗り方…

ちょっとした工夫でこんなにも変わるのかと

本当にどきどきで、びっくりで、

気分もあがっておもわずどこかに出掛けたくなりました。

帰りにメイクコスメを見にいき

お気に入りが増えました。

少しの挑戦って凄く楽しいものです



------------------------------------





















moriスタッフ あかりちゃん



------------------------------------



ちゃんと自分の顔をみて

研究なんてしてことなく

メイクがサッパリ分かってなかったので

驚きの連続でした。

「大丈夫!信じてやってみて♪」

というひなたさんの言葉に

言葉に後押しされ

やってみて良かったです。

鏡を見てこんな風になるんだ~と感動しました!

メイクを終えた後は自然と笑顔が増えていました。

せっかく女性に産まれたんだから

もっともっと楽しまないとなと思った1日でした。



------------------------------------

















照れくさそうに

でもキラキラした

最高の笑顔を見せてくれた

cawaiiスタッフ。

普段のメイクに少しプラスすることで

こんなにも輝けるのが

メイクなんですね。


毎日の洋服を楽しむように

もっとメイクを楽しめたら

毎日はもっと素敵に輝くはず。


そんなことを教えてくれた

ひなたさんのメイクレッスンでした。


みなさんもぜひ

新しい自分を発見してみてください。




cawaii スタッフ






美しい自然と私 写真集






mom

「美しい自然と私」


>>詳しくはこちちら





>> 肩透けトップス







-------------------




「美しいと思う心」




人間はどうして

自然の美しさに

惹かれるのでしょうか。



美しいものを見て

感動する気持ちに

触れるとき。



私だけではなく

きっと側にいる誰かも

心が動かされている。



美しいものに

感動する力は

きっと誰しもにもあって

きっとそれは、

太古の太古の

はるか昔の祖先から

続くもの。



この美しいと感じる

気持ちを大切に

していきたいと思う。



美しいと思う気持ちに

正直になろう。



美しい自分になろうと思う

気持ちを解放しよう。



-------------------






mom

「美しい自然と私」

写真集







>> 肩透けトップス










>> 水玉トップス





>> 後ろリボントップス




>> ねじりニット





>> 肩透けポワン袖ニット







>>詳しくはこちら