人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

「個性を楽しむ社会をつくりたい」 mori 新コンセプト







mori 第2ステージへ

「個性を楽しむ社会をつくりたい」





moriチームのメンバーと

moriのコンセプトについて、

moriの未来について、

そして、moriを通じて何を伝えたいのか

改めて、考える時間をつくっておりました。

今までは、社長の「他にはないカワイイ」

を届けるひとつのシリーズであったのですが

メンバーが成長し、それぞれの想いが芽生え

たこのタイミングで社長のmoriから

みんなのmoriへ、第2ステージに入ってみては

と問いかけたところ、みんなの想いが溢れ

すごく素敵なコンセプトが生まれたので

改めてご紹介させていただければと

思っております。



moriの中で世の中に伝えていきたいことは

何か、についてみんなで話あっておりました。

出てきた言葉は、こんな言葉でした。



「個性ある服を楽しむ人を増やしたい。」

「それぞれ一人一人の違いを

尊重できる社会でありたい。」

「周りから浮く、という言葉をなくしたい。」

「それぞれの個性を褒めあえる社会でありたい」

「お互いを認め合える社会でありたい」



周りの目を気にしてしまいがちだったり

叩かれたりしてしまいがちな

この日本の社会において、個性というものが

なかなか表現しにくいからこそ、

このcawaiiのコンセプトや、moriのコンセプトが

生まれたのかなとも改めて思います。

私たちが、先発して個性を表現することで

個性を表現しやすい社会にしてあげたい。

そんなことも語っておりました。

それぞれのファッションを認め合えるような

社会にしていき、個性を楽しむ人が増えてほしい。

そんな願いをこめて。生まれた言葉が





第2ステージ mori 新コンセプト


「個性を楽しむ

アポンステージな人生。人々」


~つながり。ハッピー。自然体~




他にはないカワイイを届けたい。

そのためには、個性を楽しむ、そして認め合う

人々やつながりが必要なのではないかと

私たちは考えております。

私たちは、個性を楽しむ人として、

先頭に立っていきたいと思いますし、

ぜひ皆さまとも一緒になって、

そんな人生をおくっていけたらなと思います。

そして、このコンセプトで生まれた

アポンステージの意味について説明を

させていただきたいと思っております。







up on stage

『ステージに上がったとき

自分が1番だと思う気持ち』




自分がステージに上がったと見立てて

みるとイメージがつくと思います。

車に乗るとき。料理をつくるとき。

誰かと話をするとき。朝出かけるとき。

誰かと会うとき。実は、ステージは毎日に

あると思うんです。

そんなときに、皆様もぜひこの言葉を

使ってみてください。

自分は今、一番だと思う気持ちに

なっているのかと。

そのときだけは、自信に満ち溢れ

自分が世界で最高だと思う気持ちに

なってみてください。





皆さんの毎日に、

自信に溢れた

アポンステージな時間が

溢れますように。





実はこの言葉はmoriのみんなでで

撮影レッスンをしているときに

生まれた言葉なんです。

モデルをするときは、最高の自分を

演出するんです。というモデルさん。

カメラを手にするときは、自分が

一番最高のカメラマンなんだと思う私。

スタイリングをするときも、

自分が一番だと思うスタイリスト。

それぞれ、最高のステージだと思うことで

よりよいものが生まれるんだと

みんなで再認識した瞬間に出て生きた

エリッククラプトンの言葉。



「ステージに上がったら自分が

1番上手いと思え。」

「そしてステージを降りたら自分が

1番下手だと思え。」





「あなたが輝くステージに

上がっている時は主役。

自分ができうる最高のパフォーマンスを

信じてやりなさい。」

「そしてそのステージが終われば、

また日々努力して次のステージに向けて

頑張りなさい。」






最高の自信に溢れるような

日々が、moriの服を着ることで

訪れてほしいなと思います。








今日は、moriスタッフの紹介もかねて

みんなにとってのアポンステージとは何かを

書かせていただければと思っております。

あまり聞きなれない言葉でもあると思いますので

アポンステージとは何かを

ぜひイメージしていただければと思っております。






ーーーーーーーーーーーーーー









自分の個性を存分に楽しむお客様、

そしてメンバー




My Up On Stage

何事にも自信のない私。

そんな私が出会えた奇跡。

それは、mori。

オシャレだけは昔から好きだった。

いつか服に携わる仕事がしたいと

思うようになった。



だけどどこか違う自分のコーディネート。

どのお店に入っても欲しい服が

見つからない。

そんな自分と同じ思いをしている人が

いるのではないかと思った。

私のup on stageはまだ、見えない。



そんな時出会ったのがcawaiiだった。

自分の個性を存分に楽しむお客様、

そしてメンバーがいるブランドだった。

私のやりたいことが見つかった

瞬間でもあった。



他にはない可愛いがみつかる

こんな素敵なコンセプト。

夢のような話。

自分が一番輝いていれる場所。

moriというブランドでお客様に

喜んでもらえることこそ、私にとってup on stage。

moriというブランドに携われる今、

毎日がキラキラと輝き、

ここで働いていることに

自信をもてるようになった。

全ての出会いに感謝し

輝き続けたいと思う。

私のup on stageはmoriにあり。



スタッフ 咲






ーーーーーーーーーーーーーー










モデルを通じて

服の声を伝えているいるとき




カメラを向けられると避けてしまう。

自分を撮られるのは今でも苦手。

だけど、moriの服を着てカメラの前に立つと

なぜだか大丈夫、大丈夫。

弱気な自分から自信のある自分に

スイッチが切り替わる。

偽りの姿のようで、そうではない。



服をまとって、ウキウキと心が

踊っている私も『私』なんだ。

自意識がなくなり、自然体にカメラの

前に立っている時が私の up on stage。



それは、この服にエネルギーがあるからだ。

服に問いかけてみると、

「私の魅力はココだよ。」

語りかけてくる気がする。

私はその声を聞くのが好きだから、

この仕事をしているのだ。



この声は、この服に携わってくれた

仲間の声も届けてくれる。

ただ、その想いに答えていきたい。

誠実に、ひたむきに。。。。。

moriの服の良さを、

お客様に伝える架け橋になりたい。



スタッフ ノエさん







ーーーーーーーーーーーーーー










レンズを通した瞬間



「よし撮ってやる。」

人とは違う撮り方で撮りたい。

自分の写真で商品の魅力を

感じて頂きたい。

商品の良さが伝わるように撮りたい。

と自分と向き合って気持ちを高めます。



スタートすれば、「夢中で撮りまくる。

ただただひたすらに

商品と向かい合う時間。」

レンズを通した瞬間up on stageへ

上がっていくのです。



撮影が終わると、達成感もありつつ

写真を見返すと反省もやはり出てくる。

次はパターンを増やしてみよう。

自分がモデルさんの良さと商品の良さを

引き出すことが出来たのかなど。。。。



自分を見つめ直すことによって

次のup on stageへと邁進する。




スタッフ 瞳






ーーーーーーーーーーーーーーーー











私をuponstageへと

導いてくれるアイテムは服



いつも何かを始めるとき

出来るだろうか…

やれるだろうか…

という不安と楽しみだなと思う

ドキドキ感で一杯になる。

そんな時の私をuponstageへと

導いてくれるアイテムが服なのです。



カメラを撮るときは動きやすい服を。

スタイリストの時は商品やモデルが

際立つように控えめに。

苦手なデスクワークは鮮やかに。



自分の気持ちが高まる服を

着ることでどの瞬間も最高だ!

私はやれる!と舞台へ上がる事が

出来ると言う自信が出てくる。



幕が降りた後

仲間と良かった!良かった!と

言い合いながら次は

もっともっといい物にしようと次に繋げていく。

最高の物を作り上げていくには…

と沢山話をする。



そしてまたuponstageへ

上げてくれる服と共に舞台へ上がる。



スタッフ かおシャン





ーーーーーーーーーーーーーーーー









私の up on stage。

そこには常に服が

存在します。




私の up on stage。

そこには常に服が存在します。

服と出会い、そこから生み出す

コーディネートを妄想する。

妄想の中で閃めいたコーデを試してみる。

その着こなしの完成こそが

up on stageの瞬間



日々、その瞬間を愉しめる場が、仲間がいることが、

私にとってup on stageへ

導いてくれています



スタッフ ゆう






ーーーーーーーーーーーーーーーー










他の人とは違う

アイテムを身に着けた瞬間




服が好き、オシャレを楽しみたい。

でも、ファッションビルには

同じような服ばかりが並び

街を歩いても同じようなファッションを

している人ばかり。



服は好きだけど、他の人と

同じような服装ばかりしていたら

オシャレな人には見えないのかも知れない…』

そんな風に思っていた時に出会ったのが、

“ハンドメイド”のアイテムたち。



一瞬で虜になったそのアイテムを身に着けると

会う人会う人に「可愛い」

「オシャレ」と言われる。

思い返せば、それが私と“他にはない”

との出会いだったのかも…。




私の up on stage

それは、ハンドメイドで作られた他の人とは違う

アイテムを身に着けた瞬間そのもの。


『今日はどのアイテムを身に着けよう?』

そう考えている瞬間から私の

up on stageが始まる。



スタッフ ちーちゃん





ーーーーーーーーーーーーーーーー










雑貨やアクセサリーを作っているとき



私が夢中になるとき、

それは何かを作っているとき。

雑貨を作る、アクセサリーを作る。

また、何をつくろうか

わくわくしながら考えているとき。



自分がつくることで、

誰かが新しいものと出会い、

何かをするきっかけになったり、

それを身に着けて晴れやかな気持ちになったり。

そんな輝く姿を想像すると、

自分自身もup on stageへとなるのだ。



スタッフ ねもっちゃん





ーーーーーーーーーーーーーーーー









周りを気にせず、動いている自分



Up on stageになるとき。

無邪気になっている自分。

周りを気にせず、動いている自分。

その時間には、「ファッション」が関係する。

今日という時を楽しく過ごすために、

コーデを悩む時間がもう既に楽しい。

ただ、楽しむための条件は、

自分らしく、他の人とは違う違和感を持つこと。

自分が選んだものには自信を持って、妥協はしないこと。

選ばれた服を着るとより一層楽しくなる。

そうして創った「楽しみ」は、

一瞬一瞬の自分自身が輝く時間になる。



スタッフ ふーた






ーーーーーーーーーーーーーー









私にとって「絵を描くこと」



観察する

シンクロする

あとはただ鉛筆をはしらせる

その瞬間、導かれる「up on stage」



絵を描くのが好きだった私は、

デッサンをする時に他ではないくらいの

集中力と、目の前のモチーフと

シンクロしていく感覚を覚えます。



あの時の、あの感覚…

鳥肌が立つくらいの湧き上がる。

~up on stage~

思い返すと、まさにそれだと。

学校の授業で習った程度で、

本格的に習ったり描いていたわけでは

ないので上手い下手などはさておき…笑

私にとって「絵を描くこと」というのは、

デッサンに限らず常に輝けるup on stageの

場だったのだと思わずにいられません。

新しいup on stageへ。

私はそれを探して旅の途中です。



スタッフ kei







ーーーーーーーーーーーーーー









日々は生きている限り続きます。

自分の望むものに没頭している瞬間は、

間違いなく最高に幸せな瞬間だと思います。

あなたの人生の主役は、

他でもないあなたです。



cawaiiの服で、毎日のかけがえのない、

あなたが輝くステージに彩りを

添えていただけたら幸いです。






共通のキーワードでつながる仲間との休日




共通のキーワードでつながる仲間との休日

 

 

先日、楽天のお店を経営している

同世代の仲間たちからのお誘いで

高知のかつお&ラフティングの旅に

いってまいりました。

前回は、グランピング&フォレストアクティビティ

今回は泊まりでどこかへ行こうということになり

車でドライブしながら、大阪から向かいました。












同世代ということと、

楽天のお店を経営しているという

キーワードで、1~2か月に1度くらい

集っている仲間たちなのですが、

この1年、会う回数が増えれば増えるほど

より深く、より楽しくなってきております。笑








ただただ笑い話をしたり、

お店や経営のことを語り会ったり、

家族のことや、夢を語り合ったり、

初めはとても緊張しましたが、

今では、かけがえのない仲間たちです。








「お店」「オシャレ」「場所」「趣味」

「音楽」「スポーツ」「祭り」

なにかつながる共通の「キーワード」で

会う仲間ほど、面白いものはありません。



ぜひ、皆様も共通のキーワードで

つながる仲間との時間を楽しんでくださいませ♪

また、少しづつですが、私たちと皆様

皆様どうしでもつながっていくような会を

つくっていければなと、スタッフとも

話をしております♪

ぜひ楽しみにしていただければと思います♪




久本

私の「cawaii の服誉められの日々」







私の「cawaii の服誉められの日々」



先日、cawaiiスタッフの元に1通のメールが届きました。

私の「cawaii の服誉められの日々」について。笑

スタッフがcawaii全員に共有してくれたところ、

感動するメンバー続出でした。

正直、なかなかお客様と会話ができない中での

貴重なメッセージは、私の心も、

スタッフの心も、打ちます。笑



ぜひいつでも、どこでも、皆さまからの

メッセージをお待ちしております。




-------------------------




(以下、久世様より)






お洒落ってほんとに楽しいと

最近また改めて思っています。





cawaii のティーパーティに参加させて頂いた久世です。

その節は、本当に楽しい時間をありがとうございました。

YouTube、拝見しました。

あんなにアップになるのなら、

もうちょっと化粧直しをしておけば良かったです(笑)



あれから二ヶ月余り、

私の「cawaii の服誉められの日々」(笑)…

はまだ続いております。








「まぁ、なんて素敵な柄なの!」

って声をかけられたり




中でも、あの日にお気に入りの服として持参した、

背中に大きなお花模様入りの羽織りと、

「セレブな花柄ワンピース」は着る度に、

何人にも誉められます。ワンピースなんて、

全く知らないおば様から、通りすがりに

「まぁ、なんて素敵な柄なの!」って声をかけられ、

ビックリしたけど嬉しかったです。



あと、あのときにもお話したのですが、

私が通っている病院の女医さんが、

毎回私のファッションチェック(笑)をしてくれます。

いつも白衣だから服の好みは

わからなかったけど、

いつも誉めてもらえるから、

あのティーパーティのYouTubeを

この間お見せしました。








cawaiiさん知ってるわ♪


そしたら、じっと見ていて突然、

「これcawaii ですよね?otona とか

french とかもあるショップですよね!」

って言われたんです。




先生、よくご存知でした。

まだ購入はしたこと無いけど、

素敵だと思ってよく見てるそうです。

何でも相談できる良い先生なんだけど、

なんか余計に好きになりました(笑)



あれからまた、柄物のトップスと、

刺繍入りのスカート、

薔薇の刺繍のブラウスを購入しました。

スカート以外はまだ着ていませんが、

何をどうやって合わせるか、

今からいろいろと考えてワクワクしています。

誉められたら、また報告しますね。








私にとっては

趣味だけではなく

心の支え




お洒落ってほんとに楽しいと

最近また改めて思っています。

私にとっては趣味…だけではなく、

心の支え…何て言うと大袈裟かもしれませんが、

ほんとにそんな部分もあります。

3年前から一年間、

身体を壊して三回入退院を繰り返しました。

食べれなくて体重が35キロまで減り、

自分でもまともに鏡が見れなくなりました。

好きだった服がブカブカで似合わなくなり、

しんどすぎてそれでもどうでも良くなりました。








好きな服を堂々と着て

歩けるようになりた




でも、ちょっとずつ元気になって、

またお洒落をしたくなり、

その頃好きだったZARAへ行き、

素敵なワンピースを見つけました。

着てみたい!って素直に思い

試着させてもらいました。

でも、Sサイズでもブカブカで、

鶏ガラみたいな身体には全く似合わなくて…

鏡を見て涙が出ました。



当然買わずに服をお返ししたら、

そのあと店員さん同士で私の方を見て

なにやらひそひそ話を…しているように見えました。

そうだよね、似合わないよね…

哀しい気持ちでお店を出て、

でもそれから奮起したのです。

早く元気になってまたお洒落がしたい!

好きな服を堂々と着て歩けるようになりたいって、

心からそう思いました。



それから頑張ってちゃんとしっかり食べるようになり、

だんだんと元気になって、

体重も順調に増えていきました。

それでもZARAのトラウマで、

ネットで服を探すようになって…

それがcawaii との出合いでした。








誉められてまた、

自分の自信にも繋がりました。




あの楽しい場で、こんな話をするのは

気が引けたのでしなかったけど、

やっぱりお伝えしたいと思いました。

cawaii と出会ったことで、

またお洒落が楽しくなり、

誉められてまた、自分の自信にも繋がりました。

服が好きで良かった。

cawaii と出会えて良かった。




いっそ会社見学とか(笑)



そして、社長さんやスタッフの皆さんの

お人柄にも触れて、余計にファンになりました。

半年に一度とかで良いから、

展示会とか、小さなファッションショー

みたいなのとか、スタッフの皆さんによる

コーディネートの会とか…

いっそ会社見学とか(笑)

そんなのも企画して頂けたら嬉しいなと思います。



ティーパーティの終わった後で、

私と同じテーブルだったアキコさん、

隣のテーブルの川添光代さん、

さやかさんの四人で二次会?でお茶をしながら

二時間位お話をして、連絡先を交換しました。

前回の光代さんのライブには

仕事の都合で行けませんでしたが、

来月には、アキコさんと二人で

聴きに行く予定です。



そして、その数日後には、

光代さんの声かけで同窓会(笑)も開かれます。

本当に素敵な機会を与えてくださった

皆さんに感謝しつつ、

これからもcawaii を応援していきます。






>>未公開の動画(その2)はこちらより




親しい友達に

YouTubeを見せて、

ちょっとずつ宣伝




あのときは、秘密にしておきたい

なんて言ってたけど、

親しい友達にはあのYouTubeを見せて、

ちょっとずつ宣伝もしています(笑)

私とお洒落の趣味が似ている友達にはやっぱり好評です!

いろいろと伝えたくて

長くなってしまいました。ごめんなさい。

また、同窓会の報告でもさせて頂きますね。






-----------------------



以下、そのときさせていただいた

私たちからのお返事も

追記させていただきます♪



-----------------------




(以下、スタッフノエより)


久世様


この度は、大変素敵なメールありがとうございます。

久世様の印象は。。。。。。

『わー!Frenchの服を来て下さってるー

よく似合ってるなぁ。話してみよー♪』

だったそうです。(スタッフ達での会話から抜粋)



cawaiiの服に寄り添って、

幸せな気持ちになってくださっている様子に

スタッフ一同喜んでおります。

あのおしゃべり会からたくさんの

出会いが生まれ、繋がりっていくさまに

嬉しい気持ちでいっぱいです。



周りに着ている物を褒めてもらう、

自分の好きを共感してもらう相手が

いるって幸せですよね。



好きなもの好きと良い合える

喜びから広がる世界。

オシャレの事から、日々の生活など、

どんな話も耳を傾けてうなずきながら

お互いを知っていく。。。。



私達が、今回のティーパーティを企画した中に、

cawaiiの服を日常に取り入れて、

楽しんでくださっているお客様と

直接顔を合わせて、そこから自然に

新しい繋がりを作っていきたいという想いがありました。



インターネット通販のお店なので、

日々の中で、お客様と私達の間に

どこか一方通行な感覚がどこかに

あったように思います。

しかしそれは違うかったんだと

直に会うことで実感させていただきました。



久世様が、『cawaii と出会ったことで、

またお洒落が楽しくなり、誉められてまた、

自分の自信にも繋がりました。

服が好きで良かった。cawaii と

出会えて良かった。』と

言ってくださった言葉は忘れません。



お客様と繋がりたい。

一緒に服を通して人生を楽しみたい。

ネットの向こうで、同じように『カワイイ!!』と

共感してくださる久世様のような方が

私達を支えてくれています。



提案してくださった展示会や、

小さなファッションショー、スタッフによる

コーディネートの会、会社見学。。。。

すごいですね。

なんてステキなんでしょう!

一緒に考えてみませんか?



これからも様々な企画を

提案させていただきたいと思っておりますので、

これからもどうぞ末長くよろしくお願いいたします。

本当にお忙しい中、足を運んでくださって

ありがとうございました。cawaiiより




------------------




久世様に引き続き、ぜひ皆さんで、

オシャレをして褒められた

エピソードを共有しませんか??

私も、つい先日cawaiiの女性服としての

ロングデニムカーデを普段使いで

ミーティングなどで着ていたところ

スタッフや、知り合いの友人に

褒められ、かなりテンションあがりました♪笑

これからも、みんなで褒められるような

オシャレdayな日々を楽しみましょう♪




一歩踏み出さないと わからないこともありますし、 踏み出すことで自分も前に行ける。 em









「今。人生で一番楽しい歳」

そう思えるような

50代。60代。を過ごしてほしい。




そんな想いでご提案させていただいております。

さっそく、ご注文や再入荷のお声もいただいており

とっても嬉しく思っております。








一歩踏み出さないと

わからないこともありますし、

踏み出すことで自分も前に行ける。




先日も、モデルの「タカコ」さんとお話しを

していたところ、盛り上がり

タカコさんの好きなお茶をつくって楽しもう

という話になったり、みんなで祇園にいこう♪

という話にもなっております。

新しい何かを始めようとするそのエネルギーや

はつらつさに、感動を覚えました♪♪








出会いが幸せ



そんなタカコさんと僭越ながら

少しオシャベリをさせていただきました。

そのときのオシャベリの様子を

こっそり公開させていただきます。

つかの間、私とタカコさんのお話しを

お楽しみいただければと思います!!







>>「タカコさんご紹介」動画はこちらより

 

 

 



>>emはこちらより

どこか自信なさそうにしゃべる日本人。自信満々なアメリカ人。




 

どこか自信なさそうにしゃべる日本人。自信満々なアメリカ人。


最近、英語でしゃべらナイト、

というのを会社のメンバー数人と

開催しております。

英語がペラペラの若い新人スタッフが

先生役になり、これから英語を

学びたいと思っている私含めて、

数人で先生を囲んで食事をする会です。



ルールは簡単で、みんなで英語で

おしゃべりをすること。

生徒メンバーで先生のご飯代を出すこと。

昨日はその第2回をみんなで開催しました。








私はもうすぐ3歳になる息子がおり、

8ヶ月のころから、我が家の近くにある

日々英語でしかしゃべらない

インターナショナルプリスクールに

通っているのですが、



先生いわく、

息子は英語がペラペラらしい、、、驚

、、のですが、、

ほんとなのか??!という疑いがあるのです。

というのも、私たち夫婦には

日本語しかしゃべらないのです。

我が息子が、本当に英語をしゃべるのか

検証をしたい。笑。という遊び心が、

ここ最近の英語の興味心のひとつです。








昨夜もまだまだ不慣れな英語で

しゃべりかけたのですが、

まだしゃべってくれませんでした。泣笑



とまぁ、そんな話は、どうでもいいのですが、

英語の先生をしてくれてる、

若手スタッフのY君なのですが、

3歳からから12歳までアメリカに

住んでいたこともあり、

英語がペラペラ。アメリカのカルチャーの

話をしていたところこんな話になりました。



アメリカ人は自信満々に話を

するのが普通だと、自信満々をベースに

会話をするアメリカ人と、おしとやか

、ひかえめ、自信のなさをベースに

会話をする日本人とで、

言葉や会話のニュアンスがかなり

異なるということの話になりました。



すごく面白いね!とさらに深堀をすると、

Y君の子供時代、アメリカで野球団に

入っていたころもそう、

学校でもそうだったのですが、

人々の基本的な子供の育成法は

褒めて褒めて褒めまくる、

とにかく褒める。ということだそうです。

なんでも褒める。笑。

叱るというカルチャーがほぼないそうです。



そして、日本に帰国してからは、

やたら怒られる、叱られる。

ということに衝撃を受けたそうです。



いい意味、悪い意味で判断はできませんが、

あぁ、だからアメリカ人はいつも

自信満々なのか、

しゃべってる雰囲気も、

立ち居振る舞いもカッコイイ。笑。



日本人はどこか自信なさそうに、

ひかえめにしゃべる人が多い。

もしくはそういう会話のしかたになる。



なにか、面白みを感じてしまったので、

共有をさせていただきました。








私たち夫婦はなるべく

息子をいっさい怒らない、

叱らない日々を過ごしております。

自己肯定感や幸福感を高く保って、

日々を自信を持って我が道を

進んでもらえたらなと、願っております。





久本

つながりが生む奇跡







つながりが生む奇跡


先日のオシャベリ会で出会った

光代さんがジャズライブをされるということで

その姿や歌声を聞きにジャズライブにいってきました。






>> 動画 そのときの演奏はこちら(約2分)



とってもパワフルなその姿に、素敵な歌声。

毎回、演奏の前に伝えてくれるそのメッセージ。

1曲1曲に込めてくれるその歌への

イメージやストーリーは

まるで、光代さんの隣でミュージカルが

広がっているかのようでした。






agelessについての語りも印象的で

ずっとこうしてパワフルに生き続けたいなと

思わせてくれる時間でした。

その光代さんとはフェイスブックでも

つながっており (絶賛、私とつながって

くれるかた募集中です)

ときたま、その活動を共有してくれます。

まさに、今日その共有をいただいたので

合わせて皆様にも共有させていただきます。











そして、私から

「素敵な共有ありがとうございます!!

ぜひ、そのことについて

お客様にご紹介させてください!」



とお伝えしたところ、またメッセージを

いただいたので、その内容を

そのまま共有させていただきます!






スタッフの、お客様ともっとつながってみたい。

お客様のリアルをもっと知りたい。

という声から生まれた、オシャベリ会。

こんなご縁になっていくなんて

と、本当に涙が出そうになりました。

少しづつではありますが、

つながりを育んでいけたらと思います。







アコーディオンプリーツのいろんな 着こなしかたを試してみました。




アコーディオンプリーツのいろんな

着こなしかたを試してみました。

 


アコーディオンプリーツ

3000枚完売 特別企画




すでに3000枚が完売した

アコーディオンプリーツワンピース

たくさんのかたからも好評をいただいて

いるのですが、

どうやって着こなせばいいかわからない。

というお声もいただいておりましたため

スタッフで、アコーディオンプリーツを

実際に着てみて、さらにその着こなしの

解説やアドバイスができればと思い

今回このような特別企画をさせていただきました。

cawaiiスタッフから、スタッフによる

着こなしかたのアドバイスを

ご参考にいろんな着こなしに

チャレンジしてみていただければと思います。







>>動画はこちらより(約3分)




今回のスタイリング講座の様子を

動画にまとめさせていただきました。

ぜひご覧いただければ幸いでございます。









アコーディオンプリーツの

着まわし講座









1 細身のパンツ×サッシュベルト


広がりを楽しんでいただくお洋服ですが、

広がり過ぎると感じる方は太めの

サッシュベルトでメリハリを創り、

ひだを整えて頂きます。

そうすることで、ぽわんとした

シルエットのチュニックワンピースに。

広がりが気になる部分はベルトに

入れ込んでお好みで微調整してみて下さいね。







2 ワイドパンツ


フロントにインすることが多いのですが、

今回はサイドにインしてみました。

そうすることで、元々のボリュームを生かしつつ、

自然で美しいアシンメトリーなラインが生まれました。










3 ボリュームのあるスカート


ふんわりシルエットに対して、

あえてふんわりスカートを組み合わせてみました。

そうすることでお互いのボリュームが

活かされて絶妙なバランスに仕上がりました。

広がりが気になる場合はショルダーバッグなどで、

コーディネートしつつもボリュームを抑えることができます。

またアレンジとしては、トップスとしてインしてしまうのもお勧めです。

総柄ですので、インしてもしっかり柄が映えてくれます。







4 タイトなスカート


ふんわりとしたシルエットに対して、

あえてタイトなスカートにインしてみました。

インしてから大胆めにトップスをつまみ出します。

そうすることで素敵なバランスが生まれます。

今回は大人っぽく上品なパンプスを

組み合わせてみましたが、

スニーカーにしてみるのもお勧めです。




本来のシルエットで着こなすことも素敵なのですが、

パンツインしてみたり、ベルトを使ってみたり、

色んなシルエットで組み合わせてみたり・・・

アイデア次第でこんなにも幅広く楽しんで頂けます。

是非皆さんもご参考にしてみて下さいね♪





母との旅時間








母との旅時間



先日。母の日&母の誕生日ということで

両親とともに、淡路島へ旅行へ行ってまいりました。



なかなか時間があわず、なかなか行けなかった親との旅行。

しっかり休みを確保して、たっぷり旅時間を楽しみました。

日ごろの感謝を伝え、次回もまた遊ぼうということで

家族と一緒に過ごしました。



お母さん。

生んでくれてありがとう!!



私は本当に心から幸せを感じております。

また生まれ変わっても

あなたの子供として生まれたいです。

なんてことは、面と向かってなかなか

言えないのですが。。笑



心から尊敬する母親へ愛をこめて。

 

 

 

母の日

久本

花を愛する人写真展 公開中





>>写真展




花を愛する人写真展



長らくお待たせして申し訳ございません。

frenchの写真展はじまります。



この企画は、モデルのミポリンと

スタイリストのマミと私で

話をしている中で生まれた

ただの趣味企画でございます。









春になり、たくさんの

花を咲き、花が人の心を

晴れやかなにする季節。

お家の中に花が飾られたり

お店や街中で色鮮やかな花が飾られたり

お花屋さんの花も多種多様になり

街中のお洋服、そして

私たちのお洋服の中にもたくさん

花が取り入れられたリ♪









今回は、私たちのお洋服と春花を題材に

「花を愛する人」というテーマで

撮影会をさせていただきました。

普段の商品撮影ではできない

面白さ半分、趣味半分、クリエイティブ半分な

撮影をみんなで楽しませていただきました。













ちなみに、撮影場所は、最近完成した

私の自宅になります♪

私は、花を愛する人。を尊敬をしております。

心にゆとりや余裕がなければ

花を愛することはできないのではと思っております。

花を愛する人。に私もなれるように

がんばります♪















花を愛する人

写真展は


>>こちらより



遊びながら学ぶ






「遊びながら学ぶ」



新卒研修3か月のうち、

3日間は私担当ということで、

遊びながら、通販全体の流れを体感し、

チームで達成する喜びを感じる。

という3日間を過ごしました。



おかげさまで、コンセプトワークからスタートし、

みんなで悩み協力しながら

通販サイトを完成させました。



自分たちで、コンセプトを決め、

仕入れをし、スタイリングを準備して実行し、

撮影して、画像編集をし、ページアップをし、

サイトを完成させました。

少しご紹介させていただきます。





チームその1

-------------------

(コンセプト)

「着れるかも」をもっと。

古い服が新しい私を創る。

悩んでいるからこそ、主人公。

-------------------​



【 今 日 の 私 】


「私」から抜け出したい私

私は私。

だけど、たまには裏切ってみたい。

少しだけ、私らしさからはみ出てみたい。

そんな私が出会った「着れるかも」な服たち。

ちょっとの勇気で出かけた冒険。



【 明 日 の 私 】

「私」を着こなす私

私は私。

みんなが気づくか気づかないか、

昨日までとは違う私。

そんな私を、

私自身が一番楽しんでいる。

しれっと一歩踏み出した。

ドキドキやワクワク。

何を着ていても、私は私。

「着れるかも」をもっと。

しれっと着れる古着屋さん。



​>>shiretto


>>コンセプトページ






チームその2

-------------------

new

コンセプト

「日々の最初に楽しみを」

-------------------



仕事で着るお洋服

休日に着るお洋服

どちらも楽しんで着ていたい。

普通だけどちょっぷり新しさをいれた

新しいお洋服を♪


>>news





(よろしければ。売れる→届ける。

という体感や喜びも感じてもらいたく、

気に入っていただけましたら

ぜひお買い物ください♪)