読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

ジブリの秘密。宮崎駿さんの秘密。

ジブリの秘密。宮崎駿さんの秘密。

 

f:id:cawaii-mori:20150428090624j:plain

 

久本塾で、みんなに伝えていこうとしていること。

どんなことを伝えるべきかの探求から

日々自分がやっていること。

なんとなくやっていること。

最近聞いた話などいろんなものがリンクする

ものごとの本質をつらぬくような話があったので

少し難解かもしれませんが

備忘録として書かせていただきます。

 

 

f:id:cawaii-mori:20150428090635j:plain

 

 

「コンテンツの秘密」

著者 ニコニコ動画創設者兼社長 川上量生さん より

--------------------------------------------

 

「クリエイターとは脳のなかのイメージを再現できる人」

※ジブリの鈴木プロデューサーに弟子入りをして学んだことより

 

 

「芸術は誇張である」という

よく聞く表現があります。

 

しかし、「芸術は現実の誇張」というのではなく

「芸術は脳の中のイメージの模倣」であり、

脳の中のイメージとは特徴の組み合わせなので

結果的に誇張になっているだけである。

こういう解釈のほうがしっくりくる。

 

 

人間は現実世界のイメージを脳の中に持っています。

それは現実世界の情報をそのままコピーしているのではなく

特徴だけを無意識に脳が抽出して組み合わせて

脳というスーパーコンピューターの中でイメージをつくっている。

 

コンテンツのクリエイターとは

脳の中にある「世界の特徴」を見つけ出して

再現する人なのです。

 

でも、脳の中からそれらを見つけ出すのは

簡単なことではありません。

 

それこそが創作の苦しみであり

苦しみの中で脳内から発見した

「世界の特徴」こそがコンテンツの神秘ではないか

芸術を生み出した人間が目指したものではないか

そう思ったのです。

 

宮崎駿監督は引退会見で

 

「アニメーションとは、”世界のひみつ”をのぞき見ること」

 

という言葉を残しております。

「風や、人の動きや、いろんな表情、体の筋肉の動きなどに

世界のひみつが隠されている、」

とも語っております。

 

 

f:id:cawaii-mori:20150428091440j:plain

 

 

アニメーションで

世界のひみつをのぞき見るとは、

脳の中にある「世界のひみつ」を見つけて

アニメーションで再現するということでしょう。

 

それは「アニメーション」という言葉を

コンテンツに置き換えても成立すると思うのです。

 

 

f:id:cawaii-mori:20150428091614j:plain

 

 

クリエイターの使命とは

「世界のひみつ」を見つけて

再現することなのです。

 

----------------------------------------

 

 

いうのは簡単で実践はすごく難しいのですが

この人の脳の中のせかいの探究が

クリエイターであり編集者であり

デザイナーでありプロデューサーである

私たちにとってすごく重要なことだと

改めて思います。

 

 

 

人に楽しさを伝えたり。

喜びを伝えたり。

感動を伝えるのも。

同じ、

 

人の脳=人が喜びを感じる原理

を知らないとできない。

一般的に人は

感覚的にそれを行っているのかもしれませんが

 

 

それを起こそうとする私たちは

包丁の使い方。

鍋の使い方。

火の使い方。

醤油の使い方。

ダシのおいしい使い方を

素敵な食材の探し方

素敵な組み合わせの作りかた

を知ってなければ、

 

 

素敵な食材を調理して

素敵な料理にすることができません。