人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

過疎地の街は、幸せのレベルが高い街。






過疎地の街は、

幸せのレベルが高い街。




あるかたの紹介で、群馬県下仁田町まで行き、

その副市長さんと、地域創生課の

クロサワさんとお話しました。









7000人の街で、若い人たちが減っている。

移住を促進したり、街らしさを、

つくりたいというお話でした。







私たちに何ができるか、

まだまだ分からないですが、

外にいる私から見たら、








「みんな知り合い」



という言葉がぴったりなくらい、

コミュニティがあるではないですか。笑。

歩けば知り合いと出会う。

学校にいるみたい。








でも、この現象が起きるのは、

このくらいの規模の街だからこそ、だと思うんです。

人数が少ないからこそ、

人と人の線が濃くなっていく。



私たちの会社のある加古川は35万人。

35万人では、これは起こらない。

ましてや東京では無理。



私たちの会社は230人くらいおり、

会社内のコミュニティ活動を促進しましたが、

1年半で知り合いだらけになる現象は起こせました。









すごく居心地がいいんです



それが、すごく居心地がいいんですね。

おバカをいいあってあいさつし合ったり、

メンバー同士やりたいことがあれば、

やりたいメンバーを集めれたり、

プロジェクトが始まりやすかったり♪



私からすれば、

下仁田町は理想の街の原型に見えました。

もちろん、人と人が知り合えば、

いろいろ人間関係の問題もありますが、

それも含めて幸せな生き方なのではないでしょうか。









新しい産業や

商いを生み出すこと




笑える仲間が家の近くにいる、

子供を見会える人たちがいる、

歩けば誰かと井戸端会議も始まる。



このつながりのある暮らしは、

とっても貴重な街らしさであり、

価値であると思いました。



この数十年で築かれた価値。

それを大切にしながら、

新しい産業や商いを生み出すことが

大事だなと思いました。








人が面白いこと。

大自然が近くにあること。

東京から近いこと。

町の役所のかたがたとすんごく距離が近いこと。

山がヘンテコで芸術的なこと。

明治からの建物があること。



そんな価値を一緒につなげていきたい

仲間募集って感じでしょうか。笑。

日本中のひとたちと共感者をつくれる通販や

インターネットにすごく可能性がある

気がしております。








もしご興味あれば、メッセージください。

おそらく、来年の3月くらいから

スタートすると思います。

一緒に下仁田町に遊びにいきましょう。

そして、価値創造な商いをしましょう。




久本