読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

よきチームが、幸せの輪を広げる

 

f:id:cawaii-mori:20160313165315j:plain





心の豊かさを毎日にプラスするヒントを


先日楽天さんが主宰している楽天大学というものに

参加をしてまいりました。チームということについて

もっと深く知りたいと思い、ほかのお店のかたがた21名

とともに学ぶ学校がスタートしております。



家族。友人。仲間。仕事。趣味。いろんなところに

人との関係が生まれ、その関係がよりよくなることに

「人々の毎日の喜びや感動や幸せ」につながる部分が

あるのではと考えたから「チーム」のことについて

より深く学び、それを仲間たちにも伝えていければなと

想い始めております。



先日、心の豊かさというお話をさせていただきました。

たくさんのかたがたからいろんなエピソードや

お話しを共有いただきました。

やはり、人それぞれの豊かさを感じる場所があり

人それぞれであるとともに、それはほんのささいで

身近な人と人との関係の中にあるような気もします。



心の豊かさ、つまり毎日の中にある喜びや幸せというものは、

そのひとつに、人と人との関係の中にヒントがあるのかもしれない。



その構成要素である人と人との関係がよりよくなれば

家族。友人。仲間。仕事。趣味でつながる場所や関係の中に

より幸せや喜びや感動の溢れる毎日が生まれるのではと

考えました。(もちろんそれだけではないと思っております。)




そこで今回は、人と人の関係で

切っても切れないチームという考え方。

についてお話しをさせていただきます。





それは特にスポーツの世界や演劇や

音楽の世界で取り上げられることが多いのでは

ないでしょうか。中々普段使わない言葉かもしれませんが

そんなこともあるんだという程度に聞いていただければ幸いです。



人と人が交わっていく状態には

何度かのステージがあると認識いただければなと思っております。

まったくお互いのことを知らない状態から

少しづつ知っていく状態。

本心がまだわからない状態から。

意思が出現しだし意見がぶつかりあう状態。

自分をさらけ出して、お互いの心の中の状態が理解され心理的安心感ができる状態

お互いの心理的安心感が保たれ、向かいたい方向性が理解される状態。

以心伝心で頭の中までつながっちゃうよう感覚でものごとを進めれる状態。

皆さまの普段の中の状態と重ねていただければ

よりイメージがつくかもしれません。



人と人との関係には

いくつかのステージがある。




このように人と人との関係の中には

そのときどきによってステージや状態が存在するのではないかということが

分かってまいりました。最後の以心伝心ステージになっても

新しい仲間が加わったり、状況が変わったりすると

また、一番初めのステージに戻る、ということを繰り返すらしいです。

それは、結婚をして仲間が加わったり、子供が生まれて新しい仲間が増えたり

仕事場でも新人さんが加わったり、別のチームのかたがたと一緒に

仕事をスタートさせたり。心理的安定感の中で

一心同体となる信頼感で結ばれた関係にどう、なっていけばいいのか。

そんなことを、学んでおります。



その途中の段階で、必ず起こる現象があります。

それが、ストーミングという状態だどうです。

お互いの意思がまだ伝えれない状態から、伝える状態になる変化のタイミング。

モヤモヤする気持ちがあったり、いいたいことが言えない状態。

そのときは、まだチームの初期の段階だと思うといいということ。



そして、ストーミングという状態。

つまりそれぞれの意思を発信し、

お互いの気持ちがきちんと伝わったり、交わったりしていく過程を

経なければ、一心同体、阿吽、強い信頼関係。

そのようなチームとして気持のいい幸せな関係になりにくい。

ということがあるそうです。



ですので、

本心を発信するということで、関係が崩れたり、仲が悪くなる、壊れそうになる。

ということも、幸せな関係を築く上で、必要なことだと認識をすれば

ちょうどその谷を渡っていると客観的に認識ができて、

ラクになれるのではと思う次第であります。



振り返ると、

私自身も、幸せや心の豊かさを感じる人というのは、

そういう過程を経てきたひとたちとのつながりなのかなとも思います。

お互いを知り、お互いを語り合い、想いを伝えたり、受け取ったりし

強い結びつきになっていった人たち。

お互いのころを知って、安心していれたり、信頼しあえる関係。



恐れず、怖がらず、伝えあい、自分をさらけ出しあいながら

幸せな人と人との関係をつくっていけたらいいですね♪



よきチームが生まれたり、よき関係が生まれたり

することができればつながりの輪も幸せの輪も

広がるのではと思っている今日この頃です。