人々の幸せをデザインしよう♪  ワンピース社長の日々想うこと

人々の毎日がハッピーになる世界をつくりたい。そんな会社を運営する社長の日々の記録です。

「超活性化組織」 ヴェージングループをつくった男  リチャード・ブランソン

f:id:cawaii-mori:20150810175144j:plain

出典:現代ビジネスより

 

昨日出張から帰ってきました。

出張の時間は、私にとってとっても至福の時間。

旅。それは1人の時間そのもの。

精神と時の部屋のごとく

本や自分と向き合いながら

いろんなことを思考したり

インプットする。

 

 

今回の旅では

この本をお供にもっていきました。

 

 

 

ずっともっていたのですが

運命といいますか

読むときがきた。

という感じで手に取りました。

まさに、本が今読みなさいといっているようでした。

運命が引き寄せるんですね。

 

 

売上高約2兆円、世界34カ国にて50,000人を雇用する

ヴァージン・グループ創業経営者のリチャード・ブランソンによる、

経営哲学を示した本です。

400社を超える企業群で形成されているヴァージン・グループは、

実は日本型の財閥・系列モデルを採用している、

欧米ではユニークな企業グループとして知られています。

会社です。

 

 

 

そこに書かれていることは

まさに

「フロー経営」

そのものでした。

 

 

途中で何度も

涙してしまいました。

 

 

こんなに規模の会社でも

実現しているだと。

 

 

そこにあるのは

100%の信頼と

100%の受容そのもの。

 

 

そしてユーモア

遊び。楽しさ。

とにかくやってみよう。

我々だったら、巨像をたおせる。

世界をよくしよう。

信頼から生まれる究極の権限移譲。

チームを本気に導く力。

シンプル イズ ザ ベスト。

世界最高の究極のカスタマーサービス。

 

 

 

心うたれる部分が

何か所もありました。

 

 

とくにブランソンさんの

幼少のころの父親から受けた

ふたつの出来事が決定的でした。

 

 

 

子供心で犯した失敗や罪に

100%のユーモアと受容でつつみこんであげたこと。

 

 

 

こんな包み込みかたは

普通の人ではなかなかできない。

これができるかどうか。

通常しつけという名目で、

怒ったり、叱責したりするでしょう。

 

 

でも、受容なんてことはなかなかできない。

育ってほしいと思うからこその愛。

 

 

その愛。

がこの5万人の人を雇用する

ヴェージングループをつくった

ひとつのきっかけなんだとしたら。

 

 

人はとっても罪多きことを多くの人や

子供たちにしてしまっているなと

思ってしまいました。

 

 

 

改めまして

株式会社ワンピースもしくは

これからできるかもしれない

新しいプロジェクトのチームたち。

 

 

ユーモアと遊び心でみんなの活力で溢れるような

会社やチームでありたいと強く願う気持ちになりました。

 

 

 

ヴァージングループは

世界でも希少な

「フロー経営」を実践している

かつ巨大な企業グループなのではないかと思います。

そこには、私たちが学ぶべきところが

たくさん詰まっているような気がします。